「年末デート」をスマートにキメるための工夫5パターン


年の瀬は、何かとあわただしいもの。クリスマス以後のタイミングで、女性に嫌がられることなくデートを楽しんでもらうには、どんな工夫をするといいのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』『オトメスゴレン』読者の意見を参考に、「『年末デート』をスマートにキメるための工夫」をご紹介いたします。

  • 【1】「○○納め」というキーワードで誘い出す

    ただでさえ忙しい時期に、「暇なら遊ぼうよ」といったぼんやりとした誘い文句を投げかけても、「ごめん、暇じゃない」と一刀両断にされるのがオチです。甘いものに目がない女性には「今年の『スイーツ納め』しない?」、飲んで騒ぐのが好きなタイプには「『カラオケ納め』しよう」などとピンポイントで提案すると、受け入れてもらいやすくなりそうです。

  • 【2】夜ではなく、いっそ「ランチデート」を提案する

    年末の夜のスケジュールは、忘年会などで埋まっている可能性があるため、昼間のランチタイムを狙うとデートの成約率が高まりそうです。ランチだからといって定食などで済ませるのではなく、グラスワインを一杯ずつ飲む程度には贅沢感を演出しましょう。

  • 【3】ランチのあと、ゆっくりお茶できるカフェを探しておく

    ランチでお腹を満たしたあと、くつろぎながらおしゃべりを楽しめるお店を探しておきましょう。デートなので、コスパよりも雰囲気を重視し、女性が好みそうな「素敵なカフェ」または「話題の新店」などを、食事するレストランのそばに見繕っておきたいものです。

  • 【4】デートの解散時間をあらかじめ設定しておく

    相手の多忙ぶりを配慮したうえでの「ランチデート」なので、いつまでも引き留めるのはご法度です。当日、顔を合わせた時点で、「今日は何時まで大丈夫?」と確認し、解散時間を明確にしておきましょう。

  • 【5】解散後、「今日はありがとう。良い年末を!」とLINEを送る

    デート後に「挨拶LINE」はつきものですが、ここに「良い年末を」という一言を添えることで、独特の余韻が生まれます。相手にとって「ありふれたランチ」ではなく「特別なデート」としてその数時間の印象が刻まれれば、年明け以降に関係の進展が望めるかもしれません。

いかがでしたか?ほかにはどのようなことを工夫するといいのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock