「年末デート」をスマートにキメるための工夫5パターン


年の瀬は、何かとあわただしいもの。クリスマス以後のタイミングで、女性に嫌がられることなくデートを楽しんでもらうには、どんな工夫をするといいのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』『オトメスゴレン』読者の意見を参考に、「『年末デート』をスマートにキメるための工夫」をご紹介いたします。

  • 【1】「○○納め」というキーワードで誘い出す

    ただでさえ忙しい時期に、「暇なら遊ぼうよ」といったぼんやりとした誘い文句を投げかけても、「ごめん、暇じゃない」と一刀両断にされるのがオチです。甘いものに目がない女性には「今年の『スイーツ納め』しない?」、飲んで騒ぐのが好きなタイプには「『カラオケ納め』しよう」などとピンポイントで提案すると、受け入れてもらいやすくなりそうです。