女性が可愛いと思う「彼氏の甘え」9パターン


男はいつでも男らしく、堂々とあれ…という「男らしさ信仰」は根深いものがありますが、ときには甘えてみることで、彼女から「可愛い」というポジティブな評価を得ることもできるようです。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者への調査結果をもとに、「女性が可愛いと思う『彼氏の甘え』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】仕事などの忙しさに負けて「もうダメだー」と弱音をはく。

    「私だけに弱さを見せてくれてると思うとキュンとする」(20代女性)など、普段はしっかり者の彼氏がたまに漏らす弱音に、心を掴まれる女性は多いようです。ただし、いつも弱音ばかり言っている男性の場合は逆効果でしょう。

  • 【2】「ちょっと寝させて」とつぶやいて膝枕をねだる。

    「ちょっとした触れ合いを求めてる感じが可愛い」(20代女性)という意見のように、膝枕などのスキンシップを積極的に求める態度は、わかりやすい甘えとして女性も受け入れやすいようです。触れ合いたい気持ちを率直に伝えるとよいでしょう。

  • 【3】食事中に「それ一口ちょうだい」と口をあけて待つ。

    「『美味しそうでいいなー』みたいに軽い感じで言われると可愛いすぎる」(10代女性)など、あえて子供っぽく振るまうことで、女性は母性本能をくすぐられるようです。ただし、あまり本気で欲しがるとタダの食いしんぼうと思われる恐れがあります。

  • 【4】ボタンのとれた洋服を見せて「付けてほしいんだけど…」と頼る。

    「必要とされるのが嬉しいし、不器用なのも男性らしくて可愛い」(20代女性)など、細かい家事が苦手という弱点も、女性には男性の可愛いらしさに感じられるようです。ただし、彼女が裁縫が得意かどうかは事前に確認しておきましょう。

  • 【5】彼女の得意料理について「あれ作ってよ」と頼む。

    「私の得意な料理を好きになってくれたんだ、とやる気になる」(20代女性)という意見のように、ただ単に「何か作って」と頼むのではなく、彼女の得意料理を注文することがポイントでしょう。彼女も気分よく料理をしてくれそうです。

  • 【6】手が届かない背中などを「かいてくれる?」と頼む。

    「くだらないお願いだからこそ、特別な関係なんだなぁと実感できる」(20代女性)など、些細なお願いをし合える関係性に喜びを感じる女性は多いようです。気を使いすぎるより、日ごろから気安い関係を築くことが重要でしょう。

  • 【7】「急に声が聞きたくなって」と突然電話する。

    「自分にもそういう時があるから、気持ちがすごくわかって嬉しくなる」(30代女性)など、衝動的に彼女の声を聞きたくなるのは、恋人関係であれば自然な感情です。よほど迷惑な時間帯でないかぎり、好意的に受け入れられるでしょう。

  • 【8】外で冷えた手を彼女に差し出して「温めて」と頼む。

    「無条件になんとかしてあげたくなる!」(20代女性)という意見のように、寒さや空腹といった辛さを訴えられると、助けてあげたくなる女性は多いようです。手を握り合って温めてもらえば、軽いスキンシップとしても有効でしょう。

  • 【9】デートの別れ際に「まだ帰らないで」とわがままを言う。

    「そんなこと言われたら、次の日早く起きなきゃいけなくても帰る時間を遅らせちゃう」(20代女性)など、彼氏の「もっと長い間一緒にいたい」という気持ちに、女性は喜びを感じるようです。わがままだからこそ、彼女も期待に応えたくなるのかもしれません。

実践できそうな「甘え方」はありましたか? ほかにも、「女性が可愛いと思う『彼氏の甘え』」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock