女の子に感心される鍋奉行の作法9パターン

合コンやホームパーティーで、鍋が出てきたとき、他の参加者から「いい人ぶってる」と思われるリスクを恐れず、率先して鍋奉行を担当するのが「勇者の選択」です。せっかくの意気込みが空回りしないように、しっかり鍋奉行の作法を知っておきたいものです。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「女の子に感心される鍋奉行の作法9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】タイミングよく、具材を一種類ずつ丁寧に鍋に入れる。

    「無計画に具をドバッと入れられると腹立つ」(20代女性)など、女性は具を入れるタイミングに厳しく目を光らせているようです。煮えにくい野菜から先に、肉類は後に入れるなど、面倒でも段取りを守ることを心がけましょう。