食事をご馳走した直後に、女性をキュンとさせる一言9パターン


デートで食事をご馳走するなら、女性からカッコイイ男だと思ってもらいたいものです。会計直後にどんな一言を発するかで、獲得できる好感度に差が出るといえるでしょう。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「食事をご馳走した直後に、女性をキュンとさせる一言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「○○さんは特別だからね」

    「『貴方は特別』感を出されると嬉しい」(20代女性)など、乙女ゴコロを刺激されるセリフのようです。相手の女性にさりげなく好意を伝えることができるので、単に、食事を奢るという行為として終わらせたくない場合は言ってみると良いでしょう。

  • 【2】「男として当然だよ」

    「笑顔で言われるとカッコイイと思う」(20代女性)など、男としての器の大きさをアピールできるセリフのようです。暗いテンションで言うと、仕方なく奢っているように思われるおそれもあるので、明るく言うことを意識したいところです。

  • 【3】「雰囲気もいいし、おいしかったね」

    「金額について触れないのがカッコイイ」(30代女性)など、女性に「奢られた」ということを意識させないような態度にキュンとするようです。女性に気づかれないように会計を済ました後に言えば、よりスマートさが際立つでしょう。

  • 【4】「今日一日付き合ってくれたお礼だから、気にしないで」

    「また一緒に行きたくなる」(20代女性)など、「お礼」と言われることが嬉しいようです。「仕事を手伝ってくれたから」、「悩みを聞いてくれたから」など、さまざまな理由をつけてあげると、女性は奢られることに負い目を感じないで済むので喜ぶでしょう。

  • 【5】「君の笑顔をご馳走になったお礼だよ」

    「あえてキザなことを言われてみたい」(20代女性)など、キザなセリフで恋愛モードに火がつく女性もいるようです。自分のセリフに酔っているナルシストだと思われることもあるので、カッコつけ過ぎないでサラッと言う意識を持つと良いでしょう。

  • 【6】「この間、臨時ボーナスが出たからさ!」

    「給料日だからと言われるよりも、気がラクになる」(20代女性)など、安心感を与えることができるセリフのようです。日頃からお金をガンガン使っている浪費家ではなく、まとまったお金があるときだけ大胆に使う「太っ腹の男性」として好感度がアップするでしょう。

  • 【7】「次はお寿司でも食べに行こうよ!?」

    「次のデートの提案をしてくれると嬉しい」(30代女性)など、次回の予告をされるとテンションが上がる女性もいるようです。会計のときに女性が代金を支払おうとしてきたら、「今回は払うから、次はご馳走してよ」と言えば、スムーズに次の約束ができるかもしれません。

  • 【8】「俺の手料理はこの店よりもおいしいから、今度食べにきな」

    「普通に『ウチ来る?』と言われるよりも、OKしやすい」(20代女性)など、言われると嬉しい口説き文句のようです。庶民的なチェーン店で食事を奢った後に言っても格好がつかないので、おいしいお店に連れて行き、グルメであることをアピールしておくと良いでしょう。

  • 【9】「大した金額じゃないから、気にしないで」

    「大物っぽくてカッコイイ」(10代女性)など、「大した金額じゃない」と言い放つことで男としてのスケールの大きさをアピールできるようです。嫌味な男性だと思われないように、「金ならいくらでもあるから!」など、金持ち自慢をしないように気をつけたいところです。

食事を奢った後、他にはどんな一言が女性から「カッコイイ!」と思われるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock