女性が「男は顔じゃない!」と実感する瞬間9パターン


異性を好きになるうえで相手の容姿は気になるものですが、女性のなかには男性を選ぶうえで「容姿よりも重要なことがある」と考えるタイプも多いようです。そこで今回は、スゴレン女性読者への調査結果をもとに、「女性が『男は顔じゃない!』と実感する瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】会話が面白くていつまでも飽きないとき

    「話題が豊富で盛り上げ上手な人だったりすると、それだけで魅力を感じる」(20代女性)という意見のように、会話をうまく盛り上げられる男性に引き付けられるパターンです。話題の引き出しを多く持っている男性は有利といえるでしょう。

  • 【2】スポーツで活躍している姿を見たとき

    「男性が真剣にスポーツをしている姿はすごくカッコよく見える」(10代女性)など、スポーツをしている男性に魅力を感じる女性は多いようです。運動に真剣に取り組んでいる姿は、男女問わず見る人の心をうつようです。

  • 【3】自分のピンチをさりげなく助けてくれたとき

    「男性は頼りがいがある人がいい。自分を見守ってくれている気がする」(20代女性)という意見のように、困ったときに助けてくれるナイト的な男性に惹かれるパターンです。女性のピンチのとき、華麗に振る舞うことで、「優しさ」と「余裕」をアピールできるでしょう。

  • 【4】悪いところなど、厳しい意見をズバリと言ってくれたとき

    「自分の悪いところをビシッと叱ってくれると、この人は強い人だなぁと尊敬する」(20代女性)など、「口にしたら嫌われかねない」というシビアな意見が言える男性に対して、精神的な頼りがいを感じる女性も多いようです。ただし、事前に信頼関係が築けていることが条件でしょう。

  • 【5】オシャレでセンスが良いと感じたとき

    「顔がイマイチでも、服や髪型で雰囲気がイケメンなら全然OK」(20代女性)という意見のように、全身トータルの雰囲気に魅力があれば、顔にはこだわらないというパターンです。努力でセンスを磨くことで、外見的な魅力は向上させられるようです。

  • 【6】約束を必ず守ってくれたとき

    「不誠実なイケメンよりも、人間として信頼できる人の方がパートナーとして安心」(20代女性)など、容姿よりも人間性を重視するパターンです。お互いに約束を守るという信頼関係は、真剣な交際には必要だといえるでしょう。

  • 【7】仕事などで高い能力を発揮しているとき

    「仕事がデキる人は人間的にも魅力的。会議で的確な発言をしている姿にグッとくる」(30代女性)など、仕事や勉強などで活躍している男性にトキメくパターンです。有能であることは、男性の頼りがいにもつながるようです。

  • 【8】顔に見慣れたとき

    「非イケメンの男性でも、しばらく付き合えば気にならなくなる」(20代女性)など、気が付いたら男性の容姿が気にならなくなっていたパターンです。付き合いが深まると、相手の内面に興味が移っていくようです。

  • 【9】「自分が大切にされている」と実感したとき

    「女性と接する機会が少なかった今の彼氏。いつも一生懸命で、私のことだけを大切にしてくれてます」(20代女性)など、女性への気持ちの誠実さが魅力になるパターンです。不器用でも誠実でいることで、女性の信頼をつかめるようです。

恋愛において容姿を磨くことは重要ですが、それ以外の部分を重視する女性も多いようです。ほかにも、「『男は顔じゃない!』と実感する瞬間」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock