女性が「ダサい!」と感じる男性のファッションアイテム9パターン


オシャレに対する価値観は、当然ながら男女で異なるもの。とはいえ、女性に「この人ダサい!」と思われてしまったら、恋愛で不利になってしまいます。では女性は、男性のどんなファッションアイテムを「ダサい!」と感じるのでしょうか? 女性にアンケートを取ってみました。

  • 【1】財布からぶら下がっているシルバーのウォレットチェーン

    財布の紛失防止にはなりますが、「危ないことをやってそう」(10代女性)、「チャラ男に見えるし、一緒に歩くと音がうるさい」(20代女性)など、女性からの評判はすこぶる悪いようです。利便性よりもスマートさを考慮したほうが良いかもしれません。

  • 【2】「流行ったの何年前でしたっけ!?」と思ってしまうチョーカー

    「『いつの時代の流行り!?』と思ってしまう」(20代女性)、「男性がつけていると気持ち悪い」(30代女性)、「ピタッとした服にチョーカーをつけていたら最悪」(20代女性)など、嫌悪感を抱く女性が多いようです。つけてきてしまったら外すか、マフラーなどで隠したほうが良いかもしれません。

  • 【3】明らかにだらしなく穿いているB系のダボダボパンツ

    「B系ファッションは似合う人がほとんどいない」(20代女性)、「無理して穿いている感がハンパなくて見ていて不快」(20代女性)、「腰パンはみっともない」(30代女性)など、厳しい声が多数。もう少し自分のサイズに合った服装を選んだほうが良さそうです。

  • 【4】ファーが無駄についた服

    「自己陶酔が激しそう」(20代女性)、「安っぽい」(30代女性)、「女と遊んでいそう」(30代女性)など、印象が悪い様子。コートのファーはかわいく見えるみたいですが、ファーつきマフラーなどはチャラチャラして見えるようです。あまり派手に見えないファーを選んだほうが良いでしょう。

  • 【5】ナルシストっぽい先が尖った靴

    「流行ってないし、おじさん臭い」(20代女性)、「9割がナルシストだと思う」(30代女性)、「先が尖ったヘビ柄の靴だったらマジで最悪」(20代女性)など、先の尖った靴を目の敵にしている女性が多いようです。尖った靴を履くことに対してポリシーがあるのであれば、女性を説き伏せるぐらいの理論武装をすると良いかもしれません。

  • 【6】ドクロやロザリオなどをモチーフにした大きなアクセサリー

    「頭が悪そうに見える」(20代女性)、「何を目指してるファッションなのかわからないし、一緒に歩きたくない」(30代女性)など、女性からの酷評が多数でした。大きいチャームは主張が強すぎるので、小さめのものをつけたほうが良いかもしれません。

  • 【7】女性っぽい、耳からぶら下がるタイプのピアス

    「似合っている人を見たことがない」(30代女性)、「オシャレを勘違いしてる」(30代女性)、など、女性からの評判はかなり悪いようです。ピアスをつけるなら、スタッドピアスなど、ジャラジャラとぶら下がらないタイプにしたほうが良いでしょう。

  • 【8】いつ買ったのかわからないような毛玉だらけのセーターやフリース

    「だらしない」(10代女性)、「オシャレ心がなさそうに見える」(20代女性)など、服の手入れが行き届いていない感じに女性は不快感を覚えるようです。毛玉は取った上で、デートに臨むようにしましょう。

  • 【9】室内や夜間にかけている用途不明なサングラス

    「有名人でもないのに眩しくないところでなぜサングラスをかけるのか、意味不明」(20代女性)、「ダサさが際立つ」(20代女性)など、実用性無視のサングラスは評判が悪い様子。視界が狭くなって危険でもあるので、夜間や室内では外したほうが良いでしょう。

思い当たるアイテムはありましたか? デートの際の参考にしていただければ幸いです。皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock