逆プロポーズ

(1)女性から男性に結婚の申し込みをすること。
(2)なかなか決断しない彼氏に対して、彼女のほうからプロポーズをすること。

(備考)
・鈍感な彼氏だと、逆プロポーズをしたつもりでも気づいてもらえない場合があるようです。「年をとったらまた一緒に来たいね」「毎日私の作った味噌汁を飲みたくない?」「将来、子どもは3人くらい欲しいね!」といった曖昧な言い方では受け流されてしまうことがあります。単刀直入な言葉を選んだほうが良いでしょう。
・経済的な理由からプロポーズできない場合、彼女に逆プロポーズしてもらうのもアリだと考える男性もいるようです。「私をお嫁さんにしてください」「私があなたを一生支えるから」「贅沢な生活なんていらない、あなたがいればいい」といった言葉は、彼氏の不安を軽くするでしょう。
・タイミング次第では、彼女からの逆プロポーズをすぐに受け入れてもらえることがあるようです。「親を亡くして自分の家族が欲しくなったとき」「友人の子を見て自分の子どもが欲しくなったとき」「病気にかかってそばに誰かに居てほしくなったとき」など、彼が1人でいる心細さを感じているタイミングを狙うと良いようです。

4件中1〜4件を表示しています。