警戒

(1)あらかじめ予想のつく被害、損失に対して、対処できる体制をとること。
(2)「下心がある」「性格が合わない」など、自分にとって不都合な相手の性質を感じ取って、距離を置こうとすること。傷つくのを回避しようとする心の動き。

(備考)
・異性に警戒される可能性が最も高いのは、初対面の瞬間です。見た目や話し方の印象で「チャラそう」「面倒くさそう」などと思われてしまうと、簡単には覆せません。
・意中の相手だけでなく、友人や親などにも警戒されてしまうと、恋愛の障壁になりかねません。本人と親しくなる前に遠ざけられたくなければ気を付けましょう。
・あまりに恋愛経験が豊富すぎても、異性に警戒される場合があります。上手に隙を見せて親しみやすいキャラを装う必要があるでしょう。
・募る思いを抑えることなく相手にぶつけてしまうと、「重そう」と警戒されるおそれがあります。敬遠されたくなければ、本音と建前をうまく使い分けて、上手に振る舞いましょう。
・最初は警戒心を抱いた相手でも、人となりを知るうちに評価が覆ることがあります。予防線を張るばかりでは、恋愛はできません。「素敵だな」と思えるポイントがあれば、距離を詰め直してみることも必要かもしれません。

51件中1〜50件を表示しています。