年末年始

(1)12月の終わりから1月の初めまでの時期。主に12月30日から1月3日までの5日間を指すが、広義では12月から次の年の1月いっぱいまで。忘年会、初詣、新年会などの行事が連続するが、会社や学校の休みを利用して海外へ行く人も多い。
(2)ある年の終わりと次の年の初め。平日であっても特別な感覚を伴い、好きな異性と一緒に過ごすことで親近感を高めることができる。また会社や学校が休みになることも多く、交際相手を家族に紹介しやすい。

(備考)
・年末年始の帰省は恋人を家族に紹介する絶好の機会です。
・年末年始は地元に知り合いが集まりやすいので、学生時代に好きだった人や元カレ・元カノと再会する確率が高くなります。同窓会も開催されやすい時期です。
・忘年会、新年会など、年末年始は職場の人との飲み会が増えます。お酒の席なら、違う部署の憧れの異性とも、コミュニケーションを図ることが容易になるかもしれません。
・年末年始のあいさつは、するだけで喜ばれます。SNSでもいいですが、年賀状やメールなどでかしこまった連絡をすると、異性として意識してもらうきっかけになりそうです。
・年末年始を一緒に過ごすなかでも、年越しの瞬間は特別なもの。手をつないだりキスをしたりするのもロマンチックです。
・年末年始は和服を着ることができる数少ない機会です。着つけは大変ですが、初詣に着物で行けばぐっと雰囲気が盛り上がります。
・年末年始は、あわただしく仕事に追われる一方で、休み気分に浮かれがちなもの。仕事納め、仕事始めの業務をきっちりこなせれば、上司だけでなく同僚や異性からの評価も上がるでしょう。

13件中1〜13件を表示しています。