依存

(1)ほかの人やものに頼って生活・成立・生存すること。
(2)恋愛においては、恋人の存在がすべてであるかのように感じ、頼りにすること。恋愛をしていないと情緒不安定になるため、常に恋人を必要とする「恋愛依存症」の人もいる。

(備考)
・恋人に依存している人の特徴には、「連絡がないだけで嫌われたと思いこむ」「少し会えないと不安で何も手につかない」などが挙げられます。
・「恋人に依存しているかどうか」を自分で判断したければ、「時間があれば相手のことを考えている」「いつメールが来るかな?いつ電話が来るかな?と連絡を心待ちにしてしまう」といったことが過度でないかどうかを客観的に検証したほうがいいかもしれません。
・寂しさから恋人に依存しすぎている人は、恋を楽しめず苦しいと感じやすいようです。趣味を見つけるなど、一人の時間の過ごし方を見直したほうがいいでしょう。

5件中1〜5件を表示しています。

一緒に検索されるキーワード