ケチ

(1)金品を惜しがって出さないことや、そのような卑しくて気持ちが狭い様子。また、貧弱でとるに足らない、くだらないことも指す。
(2)恋愛においては、恋人へのプレゼント代や食事の支払いなどを惜しむことを言う。

(備考)
・ケチな人の多くは、損得勘定に長けています。自分にとって得か損かを考えて、付き合う相手や恋愛行動を決めることがあるようです。
・ケチな人は、デートやプレゼントにかける費用を「コスト」としてシビアにとらえがちです。愛情の有無にかかわらず、相手のためにお金を使うことを惜しむ気持ちがあるからです。
・ケチな男性は、女性に「割り勘」を要求することが多いようです。デートのガソリン代や食事代などを1円単位できっちり割りたがり、女性を辟易させることも少なくありません。
・ケチな男性への女性の評価は大きく分かれます。貧乏くさいと見るか、堅実な人と見るかは、見た目の清潔感や支払時の態度で判断されるようです。
・ケチではなく、倹約家ならば「結婚後に頼りになりそう」と見られる可能性があります。何もかもを惜しむのではなく、必要最低限のものを有効に活用し、相手に不快な思いをさせないのが倹約家だといえそうです。
・男性はケチな女性には比較的寛容です。あまりあからさまにお金のことを口にしなければ、守ってあげたい対象だと思われることが多いようです。


25件中1〜25件を表示しています。