男性が男友達の恋を応援したくなる瞬間9パターン


恋愛を成就させるにあたって、男友達の協力は意外にも心強く、勇気づけられるものです。しかし、恋愛というデリケートな問題に対しては、友人同士でも干渉しづらい一面も。そこで今回は、スゴレン男性読者への調査結果をもとに、「男性が男友達の恋を応援したくなる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】友人が恋に対して奥手すぎるとき

    「『一度も彼女ができたことがない』という友人のために開いた合コンは結構多い」(20代男性)など、「合コンの幹事タイプ」の男性にとって、奥手な友人に出会いを提供することは特別ではないのかもしれません。一見モテそうだけれど奥手な男性ほどチャンスは多そうです。

  • 【2】浮いた話のなかった友人が、久しぶりの恋をしたとき

    「学生時代の友人から、数年ぶりに恋の悩みを聞かされ、アドバイスに気合いが入った」(20代男性)など、長い付き合いのなかで恋愛話がほとんどなかった硬派な男性に対しては、男友達も「真剣にアシストしよう」と考えてくれるようです。

  • 【3】一人の女性を想い続ける一途な気持ちを知ったとき

    「4年以上も片思いしているという話を聞いて、真似できない一途さに感動した」(20代男性)など、長い片思いのエピソードを打ち明けられたとき、ピュアな恋心に感動する男性は多いようです。「純愛」は友人の助力を得る一つの条件かもしれません。

  • 【4】自分だけに真剣な恋愛相談をされたとき

    「『お前にだけ言うんだけど…』と恋愛相談をされると、その後の進展も含めてフォローする体制にならざるを得ない」(20代男性)など、「親友だから相談する」という形で悩みを打ち明けた相手は、継続的に助言をくれることが多そうです。

  • 【5】友人が障害の多い恋愛をしているとき

    「困難な状況ほど、打ち破る手助けをしたくなるから」(30代男性)という意見のように、障害が多い恋愛話ほど、他人から聞かされると興味深いものです。難しい恋であるほど、相談にのってくれる友人には事欠かないかもしれません。

  • 【6】「こいつは信頼できる友人だ」と確信したとき

    「自分の人間関係にも影響がある以上、女友達や知り合いを紹介できるのは、『親友』と呼べる相手だけ」(20代男性)など、実際に出会いのチャンスを提供するのは、信頼関係のある親友だけという男性は多いようです。友人に対して誠実であることが重要な条件といえるでしょう。

  • 【7】過去の恋愛を引きずっていた友人が、新しい恋を見つけたとき

    「失恋したときの落ち込みぶりを知っているから、新しい恋では頑張ってほしい」(10代男性)という意見のように、過去を断ち切って新しい道を歩き始めた友人には、周囲も協力したくなるようです。

  • 【8】友人の紹介で彼女ができたなどの「恩」があるとき

    「そもそも自分と彼女は友人の紹介で知り合ったので、恩を返さなければ」(20代男性)という意見のように、かつて女友達を紹介してもらったなどの恩がある友人には、何らかの形でお返しをしたいと思う男性が多いようです。

  • 【9】自分に最近恋人ができて、余裕があるとき

    「自分が付き合いたてで幸せな気分だと、お裾分けしたくなる」(20代男性)というように、そもそも友人の恋愛に協力してくれる友人は、本人が幸せな状態にあるケースが多いようです。逆にいえば、恋人ができたての友人こそ、恋愛相談に向いた相手かもしれません。

前提として、日頃から根強い信頼関係を築いておくことが何よりも大切といえそうです。ほかにも「男友達の恋を応援したくなる瞬間」があれば、ぜひ教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock