女の子がLINE・メールでハートマークを使う状況7パターン


女の子からのメールに含まれている「ハートマーク」。淡い期待を持ち、「もしかして、脈アリ?」と考えた経験もあると思います。しかし、ハートマークは単なる「飾り」に過ぎないと考えている女の子がいることも事実。そこで今回は、男女の考え方のギャップを埋めるために、「女の子がLINE・メールでハートマークを使う状況7パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】自分の気持ちをアピールするために使う。

    「好感を抱いています。」という感情を表現するパターンです。男性は、このパターンであってほしいと最も願い、妄想を抱きます。ただし、すべてのハートマークがこのような意味で使われているとは限らないので注意が必要です。

  • 【2】男性のテンションが上がることを分かっていて使う。

    男性を喜ばせるために、「わざと」と使っている小悪魔系女の子も存在します。ハートマークに翻弄されずに、女の子の性格などを見抜く力が求められます。

  • 【3】改行や句読点の代わりとして使う。

    改行や句読点代わりとして、使う女の子もいます。自分の気持ちとは関係なく、改行や句読点と同じように、「当たり前に使う記号」として使われることもあります。♪くらいに変換してメールを読んだ方が良さそうです。

  • 【4】文章が短くて、書くことがないときに使う。

    メールの内容を充実させるためにハートマークを活用するケースもあります。短い文章の中に、ハートマークが多用されている場合には、このケースの可能性が高いです。

  • 【5】可愛くデザインするために使う。

    メール本文を可愛くデザインするための「アート」として、ハートマークを使う女の子もいます。

  • 【6】ハートが好きだから使う。

    「ハートが好きだから」という理由で、ハートマークを5コくらい平気で使う女の子もいるようです。メールを送る相手への感情ではなく、ハートマークに対する愛着によって、メールにハートマークを含めるようです。

  • 【7】文章中のキーワードに対する感情表現として使う。

    「カワイイバッグを買ったよ(ハート)」などの例です。この場合の(ハート)は、カワイイバッグに対する感情表現として使っています。メールを送る相手ではなく、文章中のキーワードに対してハートマークを使っているので、女の子からの文章をよく読む必要があります。

みなさんの女友達は、どのような状況でハートマークを送ってくるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock