合コンにおける名前の呼び方5パターン


女の子の呼び名は、出会ったときに決めてしまうことが大切です。しばらく付き合いが続いてから、呼び方を変えることは難しい状況となります。そこで今回は、出会いの場のひとつである「合コン」において、女の子の名前の呼び方について5パターンの手法をご紹介させて頂きます。

  • 【1】「苗字+さん」で呼ぶ。

    基本的な呼び方です。しかし、堅苦しい印象を与え、心理的な距離は縮まりません。

  • 【2】名前を呼び捨てる。

    恋人になっても通用する名称です。しかし、初対面で名前を呼び捨てされることに抵抗を感じる女の子もいるので注意が必要です。

  • 【3】「みゆっち」など名前の変形で呼ぶ。

    「ゆかっち」、「みゆっち」、「サオリン」、「カオリン」など名前を変形させるパターンです。親近感を持てる呼び名となる一方で、女の子がそのような名称で呼ばれ慣れていない場合、違和感を持たれる可能性があります。当然ながら、女の子が嫌がった場合には、呼び方を変えた方が賢明でしょう。

  • 【4】呼び名を聞く。

    女の子に呼び名を聞くパターンです。女の子が呼ばれ慣れている呼び名を聞きだすことが可能です。具体的には「友達には何て呼ばれているの?」などの聞き方が考えられます。ただし、「なんて呼ばれたい?」という質問では、女の子が困ってします可能性があります。「誰に」「何と」呼ばれているのか具体的に聞き出した方が、女の子は答えやすいでしょう。

  • 【5】その場でニックネームを作る。

    似ている芸能人や女の子の特徴を捉え、ニックネームを作るパターンです。その場で作られたニックネームなので、覚えやすいというメリットもあります。しかし、女の子が与えられたニックネームを嫌がるリスクがあるので、空気を読みながら柔軟に対応する能力が必要となります。

合コンで出会った女の子に対して呼び名を決める時、どのようなに工夫しているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock