女の子に自己アピールする際の7つのポイント


初対面の女の子には好印象を残すように自己アピールしたいものです。では、女の子に好印象を残すような自己アピールは、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。そこで今回は、みなさんの自己アピールをより魅力的に表現して頂くために、「女の子に自己アピールする際の7つのポイント」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】相手の女の子に対して、興味を持つこと。

    自分のことを知ってもらおうと気合いを入れる前に、女の子に興味を持ちましょう。女の子の話に耳を傾けることで、女の子に興味を持ってもらうことができます。

  • 【2】女の子が質問したことに対して答えること。(一方的に自慢話しないこと。)

    女の子の質問に対して、答えるようにしましょう。女の子が質問していないにもかからず、一方的に自慢話を展開してしまう男性もいるようです。しかし残念ながら、一方的な自慢話は女の子がウンザリさせるだけです。

  • 【3】一方的に長い話をしないこと。

    質問に対して男性からの回答が長かった場合、聞き手の女の子もウンザリします。一度、女の子をウンザリさせてしまった場合、女の子からの質問が少なくなります。

  • 【4】自分が聞いてほしいことを女の子に聞く。

    「土日はどのように過ごしている?」と質問すれば、「○○さんは?」と同じ質問を投げかけてくれる可能性があります。この会話の流れを利用して、自分自身が聞いてほしい質問を女の子に投げかけ、自己アピールすることも可能となります。ただし、かなり具体的な質問だった場合、明らかな自己アピールだと思われる可能性があるので、質問内容には、注意が必要です。

  • 【5】失敗談を明るく話すこと。

    一方的な自慢話ではなく、失敗談であれば、女の子に受け入れてもらえる可能性があります。ただし、失敗談を披露する際には、明るく話をするように心がけましょう。暗いムードとなった場合、女の子はリアクションに困ってしまいます。

  • 【6】活躍できる環境を作り出す。

    言葉で語るのではなく、女の子に感じてもらうような環境を作り出す方法もあります。キャンプや美味しいモノを食べる会など企画など自分の得意分野なイベントに実行することで、自然とアピールできます。

  • 【7】友人に褒めてもらうこと。

    友人に褒めてもらうことで、客観的な情報として伝わり、効果的にアピールできます。また、自ら積極的にアピールしないことで、謙虚さを表現できることも重要なポイントです。

自己アピールするために、どのような工夫しているでしょうか。みなさんのご意見を頂ければ幸いです。
Photo:All images by iStock