女の子の話を聞く際に気をつけたい言葉7パターン


女の子の話を聞く際に、知らない内に女の子に嫌われてしまう言葉があることをご存じでしょうか? 今回は女の子に嫌われないように、「女の子の話を聞く際に気をつけたい言葉7パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】「要するに、」

    男性が女の子の話を勝手に要約する際の一言です。話を整理してあげることも優しさのひとつかもしれません。しかし一方で、ひとまずは話を聞いてほしいと思っている女の子もいるようです。まずは女の子の話に耳を傾けた方が良いのではないでしょうか。

  • 【2】「結果としてどうなったの?」

    女の子の話を最後まで聞かずに、結論を聞き出そうとする一言です。経過を含めて話の一部始終を話したい女の子にとっては、ストレスを感じさせる一言となるでしょう。

  • 【3】「ところでさ、」

    一方的に話題を変えようするパターンです。話題を無理に変えようとした場合、女の子は悲しい気持ちになります。女の子の話を一度聞いてあげてから、話を変えるように心がけましょう。

  • 【4】「(興味なさそうに)ふーん。」

    興味なさそうにリアクションするパターンです。興味がないことを露骨に表現することで、話をしている女の子のテンションを下げてしまいます。気持ちの余裕がないときにこのようなリアクションをしてしまうのではないでしょうか。

  • 【5】「それはないでしょ。」

    女の子の話をいきなり否定するパターンです。いきなり否定された場合、女の子は話をしようと思わなくなります。同意できない話でも、時には「そういう考え方もあるんだね。」などと、女の子の考えを受け入れそうとする姿勢は大切です。

  • 【6】「そんなの...すれば良かったんだよ。」

    男性から一方的に解決策を押し付けるパターンです。話を聞いてほしい女の子の気持ちを考えず、強引に解決策を提案する男性がいますが、アドバイスしたい気持ちは我慢して、女の子の話を聞くように心がけましょう。

  • 【7】「俺の場合は、」

    女の子の話を自分の話にすり替えるパターンです。男性の話を聞かされるばかりでは、女の子もウンザリします。

女の子の話を聞く際に気を付けておくべきことは、他にどのようなことがあるでしょうか。みなさんのご意見、お待ちしております。
Photo:All images by iStock