友人から恋人になるための7つのアプローチ


友人から恋人になれるように願う方もいらっしゃると思います。では一体、友人から恋人になった人たちは、どのように付き合うようになったのでしょうか。今回は、実際に友人から恋人になった人の経験を元に、「友人から恋人になるための7つのアプローチ」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】みんなと一緒でもいいので、会う機会を作る。

    会う機会を多くつくり、友人として仲良くなることが前提条件となります。二人だけで会うことにはこだわらず、まずは日常的に会うような関係を作ることが大切でしょう。

  • 【2】電話する関係を作る。

    何気ない話について、電話で話をすることを繰り返し、距離間を縮めたカップルもいるようです。

  • 【3】何かと理由をつけて、二人で会うキッカケを作る。

    これまで友人から恋人へ発展してカップルには、ちょっとしたキッカケにより二人だけで会うようになり、その延長線上で付き合うようになったケースが多いようです。何かと理由をつけて、二人で会うキッカケを作っても良さそうです。

  • 【4】二人で会ったときには、「女の子扱い」する。

    二人だけで会ったときには、女の子を男友達と同様に扱うのではなく、「女の子」として扱ってあげましょう。時にはロマンティックな演出をすることで、恋愛関係へと発展する可能性もあります。

  • 【5】二人の相性が良いことを伝える。

    相性が良いと感じた時には、改めて伝えるようにしましょう。女の子に「言われてみれば、相性いいのかも。」と思わせることで、女の子が異性として意識するキッカケとなります。

  • 【6】相手に振り向いてもらうため、自分を磨き続ける

    自分自身を磨き続け、魅力的になることで、女の子が異性として意識するキッカケとなるかもしれません。キッカケは、「いつ」「どこ」で起こるか分かりません。常に自分自身を磨き続けることで可能性が高まるかも!?

  • 【7】思い切って告白する。

    恋愛対象として意識してもらう最終的な方法は、自分の気持ちを伝えることです。気持ちを伝えることで、今までの関係が壊れてしまうかもしれません。しかし、告白することで、相手の女の子に異性として意識させ、お付き合いできる可能性もあります。

友人から恋人になるためには、どのようなアプローチが有効なのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock