人を好きになるための些細な行動5パターン


アメリカの心理学者ロバート・マウラー氏の「脳が教える! 1つの習慣」によると「脳は、新たな挑戦、チャンス、欲望によって、ある程度の恐怖心が起こるようにできている。」と述べると同時に、「(中略)小さなステップを踏むことで、これまで超えられなかった障害物をかわし、静かに進みだせる。徐々に、なんの苦労もなく、やる気を持続させ、人生を変える習慣を新たに築くことができるだろう。」と述べています。「人を好きになる」という恋愛の初期段階においても、同じように考えることできるかもしれません。漠然とした「彼女がほしい。」「好きな人がほしい。」と思っても、そのような大きな変化に対して、脳が拒絶反応を起こしてしまう可能性があります。もっと小さなハードルを設定し、達成する必要がありそうです。今回は、「人を好きになる」キッカケとなるような小さな変化を実践して頂くため「人を好きになるための些細な行動5パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】女の子に挨拶する。

    恋愛も挨拶もコミュニケーションです。しかし、挨拶の方がぐっと敷居の低いコミュニケーションではないでしょうか。無理に恋愛しようと力まずに、まずは女の子に挨拶することから始めてはいかがでしょうか。

  • 【2】連絡をとってなかった女の子にメールを送る。

    ケータイの電話帳の中には、久しく連絡を取っていない女の子はいませんか?無理にデートの約束をしなくともいいので、近況報告だと思って、連絡してみてはいかがでしょうか。

  • 【3】女の子をランチやお茶に誘う。

    拘束時間の短い「ランチ」や「お茶」を誘ってみてはいかがでしょうか。恋愛しようと意気込むよりも、近況報告するつもりで話をしてみはいかがでしょうか。

  • 【4】女の子に旅先でのお土産を渡す。

    些細なコミュニケーションとして、「旅行のお土産」は気軽に話しかけるキッカケとなります。無理に長話しなくてもいいので、女の子との接触機会を増やしてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】恋人のいる友人の話を聞いてみる。

    「恋人がいるって、うらやましいな。」と思うことが目的となります。自分自身が少しでも「恋愛したい。」「彼女がほしい。」と思うことで、女の子との会話に対するモチベーションも向上します。

皆様の「人を好きになったキッカケ」はどんなものだったでしょうか?皆様のご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock