女の子が遅刻して来ないとき、前向きになれる考え方7パターン


デートで女の子が遅刻。「もしかしたら、デートのことを忘れているのかも・・・」と不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、後ろ向きに考えた場合、自然と表情が暗くなり、女の子と会ったとき、悪印象を与える恐れがあるので、可能な限り前向きに考えたいものです。そこで今回は、遅刻した女の子を待っているとき、ポジティブになれるように、「女の子が遅刻して来ないとき、前向きになれる考え方7パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「今日のデートのために、メイクや服装に時間をかけているのだ。」

    デートに対して気合いを入れているため、メイクや服装に対して時間をかけていると考えるパターンです。このように考えることで、「待たされている!」というイライラを軽減し、笑顔で女の子を迎えることができるでしょう。女の子と会ったときには、服装を褒め、女の子のテンションを上げる一言を伝えたいものです。

  • 【2】「デートが楽しみで、眠れずに寝坊したのだろう。」

    彼女がデートを楽しみにしていたため寝付くことができず、十分に眠れずに、寝坊してしまったと信じるパターンです。このような考え方をすることで、女の子の体調を心配し、デート中に気遣うことができるでしょう。このような気遣いによって、「優しい男性」と思われる可能性があります。

  • 【3】「この時間は、自分の身だしなみを改めてチェックするためにあるのだ。」

    遅刻している女の子を待つ時間は、「自分に至らない点があるからかもしれない!」と一方的に考え、自分の身だしなみを確認するパターンです。出会ったときに鼻毛が出ていたり、ズボンのファスナーが全開だった場合、女の子のテンションも下がってしまう恐れがあります。女の子のためにも、身だしなみを再チェックした方が良いでしょう。

  • 【4】「デートに集中できるように、用事を片付けてくれているんだ。」

    デートに集中できるように、用事を片付けていることを想像するパターンです。このような考え方をすることで、デートのために時間を割いてくれたことに感謝できるようになるでしょう。遅刻したことを責めずに、温かく迎える余裕を持ちたいものです。

  • 【5】「この時間は、デートのイメージトレーニングをするためにあるんだ。」

    女の子が遅刻して空いた時間を「デートのイメージトレーニングをするためにある!」と考え、デートの一連の流れについて確認するパターンです。入念に確かめることで、円滑なデートを実現し、女の子にとって快適な環境を作り出すことができるでしょう。ただし、女の子に過度に期待をして、変な妄想にならないように注意しましょう。

  • 【6】「この時間は、女の子に質問することを整理するためにあるんだ。」

    デートでの会話は、好印象を与える上で重要な要素のひとつです。女の子のことをよく知るため、どのような質問をしようか考えを巡らせることも、充実したデートを実現する上で必要なことでしょう。ただし、実際に会ったとき、質問責めをすると、取り調べのようになるので会話のキャッチボールを意識しておいた方が良いでしょう。

  • 【7】「心の広さを試されているのかもしれない。」

    遅刻されて、待つ時間にイライラする方もいらっしゃると思います。そんなとき、「心の広さを試されているのかもしれない!」と考えることで、イライラしている自分を客観的に見直すことができ、心が穏やかになるでしょう。遅刻した女の子を責めることなく、笑顔で迎えてあげましょう。

実際に前向きになれそうな考え方はあったでしょうか。また、今回紹介した以外に前向きになれる考え方があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock