「男らしい!」と感じるカレーの食べ方9パターン


カレーは日本の国民食と言っても過言ではありません。日本男児は、一生で数えきれないほど女性の前でカレーを食べる機会があるはずです。しかも日本にはカレーをガツガツ食べる男性を見るのが好きな女性も多いようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のリアルな声も交えて「『男らしい!』と感じるカレーの食べ方9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】迷わず大盛りを注文し、残さず食べる

    旺盛な食欲とビッグサイズの胃袋に頼もしさを感じるパターンです。「ナヨナヨした男性が大盛りを注文していると、『へぇ、やっぱり男なんだ?』と思う」(20代女性)と、たった1回の?食事の注文?でオトコ度数を見直されることもあるようです。男子たるもの、カレーぐらいは大盛りをぺロリとたいらげてみせましょう。

  • 【2】トッピングや福神漬けを加えて嬉しそうにする

    ?オレ好みの味?にこだわる姿勢に、男らしさを感じるパターンです。「彼氏が『カツカレー、辛さプラス3』を注文して、さらに福神漬けを大量に乗せているとき」(20代女性)など、カレーを自分流に楽しむところを見るのが好きな女性もいるようです。美味しい組み合わせがあれば、ぜひ女性にも教えてあげましょう。

  • 【3】笑顔で「うめー!」と言う

    ワイルドさが求められているのは、食べ方だけではありません。味に関するコメントも「うめー!」や「ヒーーハーー!」など、テンションの高い言葉に女性は男らしさを感じるようです。彼女が手作りのカレーをふるまってくれたときは、ちょっとオーバーなぐらい美味しさを表現してあげるのが良いでしょう。

  • 【4】冷まさないで食べる

    勢いよくカレーを食らう姿に圧倒されるパターンです。「ハフハフ言いながら食べているとかわいいと思う」(20代女性)という意見があったように、熱いカレーを冷まさずに口の中に入れる姿に女性は男の潔さを感じるのかもしれません。途中で水をガブガブと飲み、氷をガリガリと噛み砕きつつ、ワイルドに食べ進めてみましょう。

  • 【5】口いっぱいにほおばる

    「スプーンにはがっつりカレーを乗せ、皿から少しスプーンを上げたくらいで顔を近付けて、口を大きく開けて食べる仕草が男らしい」(20代女性)と、細部にまで言及する意見があるほど、女性は男性が大口を開けてカレーを食べる仕草が好きなようです。さわやかな俳優がカレーを食べるCMをよく見て、美しいフォームを研究しておきましょう。

  • 【6】スプーンを止めず、女性の2倍速で食べる

    「私が半分も食べ終わらないうちに、食べ終わってるといい」(10代女性)や、「スプーンを止めずにひたすら食べ続けるところとか、男らしくて良いなーと思います♪」(20代女性)など、食べるスピードに期待する意見もありました。カレーは数少ない「がっつきOK」なメニューなのかもしれません。

  • 【7】汗をかきながら食べる

    額に流れる汗は、夢中になって食べている証です。「そんなにカレーが好きなのかと、見ている方も幸せな気分になる」(10代女性)、「新陳代謝が活発なところが男らしい」(20代女性)など、汗をかきながら食べることで健康的なイメージを与えることもできるようです。

  • 【8】ルーの減り具合を考慮せず食べ進める

    後先を考えずに食べ進めることが男らしいと思う女性もいるようです。「ライスが残っても、ライスだけをペロリとたいらげる」(20代女性)、「毎回スプーンに乗っているルーとごはんの割合や量が全然違うとき、ワイルドで男らしいなと思う」(20代女性)など、細かいことを気にしない姿が男らしい印象を与えるようです。

  • 【9】おかわりをする

    「手作りしてあげたとき、うれしそうな顔で『おかわり!』と言ってもらえるとズッキューーーーン!!ですね♪」(20代女性)と、おかわりを要求されると喜ぶ女性も多いようです。「おかわりを期待して多めに作っている」(20代女性)という意見もあったので、カレーの日は心して食事に挑みましょう。

上手く男らしさを演出できそうなカレーの食べ方はありましたか? また、他にはどんな食べ方を女性は男らしいと思うのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock