年上の女性に対する有効なアプローチ8パターン


年を重ねるごとに異性の趣味は若干の変化を来します。20代前半までは若い女性のフレッシュな魅力に惹かれるという男性が多いものの、20代後半くらいからはオトナの女性の安定感やフトコロの深さなどに魅了されるケースも少なくありません。この記事を読みながらも、「そう、そう。」とうなずいている読者もいるのではないでしょうか。今回はそんな年上女性にアプローチする際の有効な方法をご紹介したいと思います。

  • 【1】「すげー!!」「マジで!?」など若者言葉を多用しない。

    相手に年齢のギャップを直接感じさせるような発言は極力控えた方がよいでしょう。若者言葉は「カワイイ」ではなく「子どもっぽいな・・・」という印象を与えかねないので注意が必要です。

  • 【2】相談されたときは謙虚な姿勢でアドバイスをする。

    相手から相談された場合は、敬意を払った上で、謙虚な姿勢でアドバイスしましょう。ただし、言葉だけ控え目でも相手を不愉快にさせてしまう可能性があります。あくまで提案という形でアドバイスするなど、アピールは強過ぎない方がよいでしょう。

  • 【3】ものごとを決めるときは、あえて対等にする。

    多くの決断を対等にすることは、上下関係、ひいては年齢のギャップを薄める効果がありそうです。とはいえ、「すべてを対等に決めよう。」と宣言するのはスマートではないので、あくまで心構えとしてこのような思いを胸に秘めておくべきでしょう。

  • 【4】相手にビビることなく、ニックネームで呼ぶ。

    相手をニックネームで呼ぶことは年齢のギャップ解消に有効と言えるでしょう。ただし、いきなりニックネームをつけて呼ぶのは相手が不快に感じる可能性もあります。なので、「これからは◯◯と呼ぼうかな。」など、まずはニックネームづけの宣言をし、相手の反応を窺った方が賢明です。

  • 【5】自分の弱さをさらけ出す。

    相手が年上だと自分をより大きく見せようと努力しますが、それだけでは逆に相手に不安を与えてしまいます。ときに悩みを吐露するなど弱さを見せた方が、男性の人間性を感じられて相手も安心するのではないでしょうか。

  • 【6】思いっきり甘える。

    男性の甘える姿を見たいというのは多くの女性が持つ願望です。ときには甘えて、母性本能をくすぐってみましょう。ポイントは子どもっぽい印象を与えず、?カワイイ人?と思ってもらうこと。嫉妬や拗ねる行為も有効なアプローチかもしれません。

  • 【7】年下男性の印象について聞いてみる。

    異性の好みは人それぞれなので、年下男性の印象を相手から直接聞き出すのは、今後の交際に大きな影響をもたらす可能性があります。ついでに年上男性の魅力も聞いておけば、自分に足りない部分も認識でき、最良のパートナーに近づけるでしょう。

  • 【8】年上女性の魅力を熱っぽく伝える。

    年上の女性は年齢をウイークポイントに感じている人もいるので、その意識を取り払ってあげましょう。グッと距離が縮まるハズです。ただし、あくまで魅力を伝えることが目的なので、相手のウイークポイントをフォローするような言い回しは避けましょう。

みなさんは、このほかにどんな方法で年上女性にアプローチしたことがありますか?ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock