女の子に告白する前のチェックポイント7パターン


告白なくして、好きな女の子と付き合えることはありません。みなさんはどのようなタミングで告白しているでしょうか?今回は、女の子に告白しようとする前に、自分自身に問いかけるべき7個のチェックポイントをご用意しました。なお、このチェックポイントは、すべて満たす必要はありません。チェックポイントが多ければ多い程、可能性は高まります。

  • 【1】相手のメルアドまたは電話番号を知っているか?

    相手の連絡先も知らない状態での告白では、勝ち目がありません。まずは、連絡先をゲットしてコミュニケーションを取ることから始めましょう。

  • 【2】デートしたことがあるか?

    当然ながら、告白前にデートすることは必須です。デートを通して、相手の性格や考え方を知り、これからも恋人として同じ時間を共有できる相手なのか見極める必要があります。

  • 【3】玉砕覚悟で告白しようとしていないか?

    「告白」は、入学試験ではなく、入学式です。入学資格を獲得したと確信できたタイミングで告白してください。言うなれば、告白は、「勝ち目が見えてから」です。もちろん、入学するためには、合格するための入学試験が必要となります。ここで言う入学試験は、女の子とデートすることを意味します。複数回のデートを重ね、圧倒的な好印象(高得点)を獲得し、入学資格をゲットするようにしてください。

  • 【4】二日連続でデートしたことはあるか?

    二日連続で会うということは、女の子にとって居心地の良い相手でなければ、実現することはできません。二日連続でのデートの実現は、ふたりの親密度を測る上で大切なバロメーターとなります。

  • 【5】返信メールは24時間以内に返ってくるか?

    女の子から軽視されている場合、メールの返信は遅れたり、返信がなかったります。逆に、脈があれば、即座に返信メールが返ってきます。

  • 【6】女の子の女友達の名前を2人以上言えるか?

    女友達の名前を2人以上言えない場合は、圧倒的に女の子に関する情報のヒアリング不足です。具体的な女友達の名前を聞けてない場合は、まだ心理的な距離感がある可能性が高いです。

  • 【7】今までの恋人との別れの原因を知っているか?

    「どんな人が好きか?」という未来の話より、「いままでどんな別れ方をしたのか?」という過去の話の方が心理的なハードル高い話題となります。従って、女の子との心理的な距離を見定める上で大変重要な項目となります。また、女の子の恋愛に関する過去について聞いておくことで、付き合った後に気を付けるべき教訓を知ることができるので非常に有効です。

みなさんなりのチェックポイントのご提案、お待ちしております。
Photo:All images by iStock