「この人とは結婚することはないかも。」と思われる瞬間9パターン


将来的には結婚を考えている彼女がいる方もいらっしゃるでしょう。しかし、自分の気持ちとは裏腹に、些細な行動によって、彼女に「この人とは結婚することはないかも。」と思われているかもしれません。また、このような決意によって、結婚相手を探すために、別れを切り出される可能性もあります。では一体、どのような瞬間に「この人とは結婚することはないかも。」と思われるのでしょうか。そこで今回は、「『この人とは結婚することはないかも。』と思われる瞬間9パターン」をご紹介させていただきます。

  • 【1】「子供は欲しくない。」と宣言したとき

    子供を産みたがっている女性にとっては、ショックを受ける一言です。自分の価値を一方的に押し付けるのではなく、彼女の意思も確認した上で、話し合う必要があるでしょう。

  • 【2】「そろそろ結婚・・・。」と言いつつ、実現させないとき

    付き合って、数年経ち、「そろそろ結婚・・・。」と言いつつも、口先ばかりで、実際に行動を起こさないパターンです。口に出したことはシッカリと実現する男らしさが必要でしょう。特に周囲の友人が結婚することで、自分の結婚について考えるタイミングとなります。友達が結婚したタイミングで、結婚観やスケジュールなどについて話し合う機会を設けても良いかもしれません。

  • 【3】何度も転職を繰り返したとき

    結婚生活で重要な経済力に不安を感じさせてしまうパターンです。何度も転職を繰り返した場合には、「将来的に家族を養える経済力があるのかな?」と不安になり、結婚する相手として見なくなる可能性があります。恋愛と同じように、仕事も精一杯やった方が良いでしょう。

  • 【4】些細なことに対して決断力がなかったとき

    日常生活において決断力がないと、頼りないと思われてしまい、結婚の対象から外されてしまう恐れがあります。結婚生活に突入すれば、大なり小なり決断の連続だと考え、決断できない男性の代わりに彼女自身が決断することを嫌い、結婚相手として見なくなる可能性があります。

  • 【5】好き嫌いが異様に多いことが明らかになったとき

    好き嫌いが多い男性の場合、一緒に暮らしたときの食事に気を使うことに加えて、自分の子供に悪い影響を与えると考え、結婚の対象から外す方もいるようです。できる限り好き嫌いをなくす努力をしたいものです。

  • 【6】マザコンの疑いを持たれたとき

    「お母さんと味付けが違うー!」、「まずは、お母さんに相談させて!」など、マザコンの片鱗を見せてしまうことで、彼女が引いてしまい、結婚の対象から外してしまうパターンです。マザコンを許容してもらえる彼女を見つけるか、マザコンを隠し続けるなどの努力が必要となるでしょう。

  • 【7】「結婚して幸せという話を聞かない。」などという発言を繰り返したとき

    結婚に対して、ネガティブな発言を繰り返し、彼女をガッカリさせるパターンです。結婚に憧れている彼女にとっては、大きなショックを受け、「この人とは、楽しい結婚生活は期待できないかも。」と考え、結婚の対象外となる恐れがあります。結婚に対して悪い印象を持っている男性は、良い面について考えてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】「結婚式はやるつもりはない。」と断言したとき

    女の子が主役になれる日として、結婚式を挙げることを楽しみにしている女性もいます。そんな女の子にとって、結婚式を挙げないと宣言されることは、結婚について考え直す機会となりかねません。一方的に、結婚式をやるつもりがないことを断言せずに、まずは彼女の結婚式に対する考え方を聞いてあげても良いでしょう。

  • 【9】彼の両親と気が合わなかったとき

    結婚は、家族同士の結びつきであり、相手の家族との接点も多くなるものです。彼氏の家族とどうしても気が合わない状態となれば、結婚しないことも考えるキッカケとなるでしょう。結婚を決める前に、両親を紹介して、性格のすり合わせをするなどの工夫が必要となるでしょう。

付き合っている彼女に対して、思い当たる項目はあったでしょうか。また、今回紹介した項目以外に、彼女に「この人とは結婚することはないかも。」と思わせてしまった行動があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock