LINE・メールの返信をしてくれない女の子と会ったときのリアクション8パターン


気になる女の子に対して、思い切ってデートのお誘いLINEやメールを送ったものの、返信がなく落ち込んだ経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。さらに返信がないまま、学校や職場で顔を合わせる場合、どのような顔をすればいいのか分からず、戸惑ってしまうものです。LINEやメールの返信をくれない女の子に対して、一体、どのように話しかければ良いのでしょうか。そこで今回、スムーズに話しかけることができるように8パターンのリアクションをご紹介させていただきます。

  • 【1】「おー、元気?」など、メールについて触れずに明るく振る舞う。

    メールを送ったことについては一切触れずに、明るく振る舞うパターンです。メールを返信せずに気まずさを感じていた女の子もホッとするかもしれません。ただし、お互いに気を使いながら会話をすることになるので、心の底から会話を楽しめない恐れがあります。

  • 【2】「返信しづらいメールを送ってごめんね!」と謝る。

    女の子が返信しづらいメールを送ったことを謝罪するパターンです。男性から率先して、メールに関する話をすることで、わだかまりを解消することができるでしょう。ただし、女の子が返信しなかったことを反省し、テンションが下がってしまう恐れがあります。

  • 【3】「メール返信してよー(笑)。」と冗談半分でツッコミを入れる。

    冗談半分で、返信してほしかったことを伝えるパターンです。本音を伝えることで、お互いに気を使うことなく、円滑な会話を実現できるかもしれません。ただし、冗談として伝わらなかった場合、返信することを強制されているような印象を与える恐れがあるので、冗談として伝える工夫が求められるでしょう。

  • 【4】「メールは、急ぎの要件じゃないから、返信はいつでもいいよ。」と様子をうかがう。

    急ぎの要件ではないことを伝えるパターンです。一見、優しさを感じる表現ではありますが、返信を遠回しに催促することになり、女の子にストレスを与える可能性があります。

  • 【5】「メールを送ったんですけど、届いてますか?」と確認する。

    メールの受信確認をするパターンです。ケータイを紛失してしまっているなどのアクシデントによって、メールを読めていない可能性も否定できません。しかし、メールを読んでいた女の子にとっては、遠回しに返信を要求されているように受け取る可能性があります。

  • 【6】「メールの返事がこなかったけど、どうしたの?」と不安な胸の内を伝える。

    自分の不安な気持ちをストレートに表現するパターンです。自分の本心を伝えるので、自分の気持ちはスッキリします。しかし、女の子には「なんだか、重い男性。」と思われ、嫌われる可能性があるので注意が必要です。

  • 【7】「なんだか忙しそうだね!無理しないでね。」と多忙な彼女を心配する。

    「返信がこないことは、女の子が忙しいからである。」と考え、女の子の体調を心配するパターンです。心配してあげることで、優しさをアピールすることができる一方で、嫌みだと受け取られる恐れもあるので、本当に心配した様子で伝える必要がありそうです。

  • 【8】「メールで送った件、どう?」とその場で回答をもらう。

    送ったメールに対する回答を直接聞き出すパターンです。気になるメールについて、その場で女の子の回答を得られるので、メールの返信がこなかったことによる不安な気持ちを解消できるかもしれません。

実践できそうなリアクションはあったでしょうか。みなさんのキャラクターに合ったリアクションを選んでいただければ幸いです。また、今回紹介した項目以外にも、もっとスムーズなリアクションがあれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock