手をつなぐときのセリフ8パターン


気になる女性との楽しいデート。ロマンティックなムードとなれば、手をつないでみたい・・・と考える男性も多いのではないでしょうか。何も言わず、スマートに手をつなぐことができれば良いのですが、実践することは難しいと感じている方もいらっしゃることでしょう。そこで今回、何も言わずに手をつなぐことは難しいと感じている方のために、「手をつなぐときのセリフ8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「手をつないでいいかな?」

    女の子の許可を得るパターンです。女の子が同意してくれれば、堂々と手をつなぐことができます。ただし、拒否された場合には、ムードが悪くなるので、とりつくろうトークが必要となります。

  • 【2】(手を差し出して)「はい!」

    手を差し出し、女の子から手をつないでもらうパターンです。積極的な男性という印象を与え、女の子が「仕方ないな・・・」と感じつつ、手をつないでもらえる可能性があります。ただし、手をつなぐという意図に気がついてくれない可能性があるので、分かりやすく伝える必要があります。

  • 【3】「ほら、手を出して!」

    手を差し出すことをお願いするパターンです。女の子の手が、ポケットに入っている場合などに有効でしょう。ただし、「何かくれるのかと思った・・・」と女の子をガッカリさせる可能性もあるので、注意が必要です。

  • 【4】(方向を変えるとき)「こっち、こっち!」

    デートで歩いていて、方向転換するときのパターンです。積極的に女の子をナビゲートしながら、手をつなぐことができます。ただし、すぐに手を離してしまった場合、同じようなセリフを使いづらくなるので、一度つないだ手を放さないように努力しましょう。

  • 【5】(人が多いとき)「ほら!はぐれちゃうよ!」

    たくさん人がいるところでの一言です。「はぐれないようにするため」という理由を用意しておくことで、女の子が手をつなぐことを受け入れやすくなるセリフです。手をつなぐ口実であることは、女の子も承知している可能性が高いので、臆することなく堂々と伝えましょう。

  • 【6】「正直言うと、手をつなぎたい!」

    素直に手をつなぎたいことを伝えるパターンです。回りくどい表現ではなく、ストレートに気持ちを伝えることで、女の子が「仕方がないなぁ?」と思いながらも手をつないでくれる可能性があります。

  • 【7】「ビックリしないでね。」

    突然、手をつなぐ振りとして、声をかけるパターンです。セリフを言った直後、手をつなぐ行動力が求められます。 なお、ためらってしまった場合、「ビックリすることって何?」と質問される可能性があるので、しっかりと手をつなぐようにしましょう。

  • 【8】「失礼しまーす。」

    手をつなぐ前に、「失礼しまーす。」と断りを入れるパターンです。このセリフを言ったと同時に手をつなぐことで、女の子に笑ってもらえる可能性があります。堅苦しく言った場合、女の子が引いてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

みなさんが実際に言えそうなセリフは見つかったでしょうか。また、他にも効果的なセリフがあれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock