仕事で落ち込んでいた女性が「癒される…」と感じた彼氏からの言葉9パターン


気持ちが沈んでいるときこそ、恋人の存在がありがたく感じられるもの。何気なく彼氏にかけてもらったひと言で元気が出るという女性も多いようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートから、「仕事で落ち込んでいた女性が『癒される…』と感じた彼氏からの言葉9パターン」を紹介します。

  • 【1】強い味方がそばにいると感じられる「ひとりで頑張らなくていいんだよ」

    「気持ちがグンと楽になった」(20代女性)と、身近に支えてくれる存在がいると認識することで安心できるという女性は多いようです。声をかけるのはもちろん、手を握ったり、頭を撫でたりしてあげれば、より彼女を元気づけることができそうです。

  • 【2】気分転換で嫌なことを忘れさせてくれる「美味しいごはんでも食べに行こう!」

    「暗い気分を抱え込まずに済む」(20代女性)など、食事や遊びに行くことが気晴らしになるという女性もいます。ただ、目的はあくまでも気分転換。彼女から切り出されない限り、落ち込んでいる理由などを根掘り葉掘り聞くようなことはやめましょう。

  • 【3】前向きな価値観で諭してくれる「大丈夫、明日はいいことあるよ」

    「この人とならなんでも乗り越えられそう」(20代女性)と、彼氏がくれるポジティブな言葉は、彼女を意欲的な気持ちにするようです。「落ち着いたら旅行しようか」など、楽しい予定を具体的に提案するのもいいかもしれません。

  • 【4】挑戦した勇ましさを讃えてくれる「何にもやらない人は失敗もしないんだよ」

    「認めてもらえて、救われた気持ち」(20代女性)など、努力を認めてもらえることで勇気づけられたという女性もいました。さらに、「君が頑張っていると僕も励まされる」と、彼女の存在が自分の支えにもなっていることを伝えてみてはどうでしょう。

  • 【5】経験談から解決の糸口を一緒に探してくれる「俺もそうだったよ」

    「私のことを真剣に考えてくれていると感じた」(20代女性)など、自分のことのように解決策を考えてくれる彼氏の姿勢に、頼もしさを感じる女性もいます。自分の実体験を例に、どう次につなげたのか教えてあげれば、彼女をより前向きな気持ちにさせられるかもしれません。

  • 【6】何より身体を労わってくれているのが感じられる「無理しないで」

    「体調を気にしてくれるのは恋人くらい」(30代女性)と、仕事が忙しいと気になるのが健康面。何をおいても彼女の身体を気遣う恋人の言葉に感激する女性もいました。ただ、いくら身体が心配でも、安易に「辞めたら?」などと言ってしまうと、仕事に真剣な女性はバカにされたと感じることもあるので注意が必要です。

  • 【7】個性を尊重してくれる「自分のペースでいいんじゃない?」

    「焦りがなくなった」(30代女性)のように、ありのままの彼女を認めてあげる発言に、癒されたと感じる女性もいます。「コツコツ頑張っているところが〇〇らしいね」など、さらに具体的に彼女を褒めてあげるのもいいかもしれません。

  • 【8】下手にアドバイスせず、黙って受け止めてくれる「愚痴は全部聞くからね」

    「大事な人に聞いてもらうと気持ちの整理がつく」(20代女性)など、ただ話すことがストレス解消になるという女性もいました。自分の意見などは言わず、「そうだね、辛かったね」と相槌を打ち、彼女の話をさえぎらずにすべて聞いてあげましょう。

  • 【9】男らしい器の大きさに思わず寄りかかりたくなる「そういう時のために俺がいるんだから」

    「安心して甘えられる人だって気付いた」(20代女性)など、辛いときにそばにいてくれる相手がいるだけでホッとするという女性は多いようです。ただギュッと彼女を抱きしめてあげるだけで、心の支えになれるでしょう。

落ち込んでいる女性は、むやみやたらなアドバイスや励ましより、黙ってそっと寄り添ってくれる人を求める傾向にあるようです。変にしゃべりすぎず、温かい目で見守ることが大切なのかもしれません。(廣野順子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock