彼女に「私、愛されてる!」と実感してもらうためのベタな行動9パターン


付き合っている彼女に対してしっかり愛情をアピールしているつもりでも、イマイチ伝わっていないケースは多いようです。男性が思っている以上に、女性は「わかりやすい愛情表現」を求めているもの。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「彼女に『私、愛されてる!』と実感してもらうためのベタな行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】たまには「好きだよ」とハッキリ口にする

    「行動で示してるって言われてもわかんない」(20代女性)など、「好き」という気持ちを言葉で伝えてほしい女性は多いようです。告白するときだけでなく、付き合い始めてからも事あるごとに口にすることで、安心感を与えられそうです。

  • 【2】たくさんキスをする、ぎゅっと抱きしめる

    「エッチな感じじゃなくて、好きって気持ちが伝わる」(20代女性)など、スキンシップとしてのキスや抱擁を好む女性も多いようです。例えば、デートの別れ際に彼女をギュッと抱きしめてキスすれば、お互いに満ち足りた気持ちで帰路につけそうです。

  • 【3】周囲の友人たちに彼女の存在を隠さない

    「自分から言わなくていいけど、聞かれたら隠さないでほしい」(10代女性)など、友達の間で彼女の存在をオープンにすることに、愛情を感じる女性もいるようです。大人数で友達と遊ぶイベントなどがあれば、彼女を連れて行くのも好印象でしょう。

  • 【4】彼女の誕生日などの「記念日デート」は自分で計画する

    「特別な日くらいはエスコートしてほしい」(20代女性)など、記念日のデートは男性が主導権を握ってプランを考えることで、彼女に愛情が伝わるようです。付き合い始めて一周年など、忘れがちな記念日も「喜んでもらうチャンス」と捉えて活用したいものです。

  • 【5】どんなに忙しくても彼女からのメールを放置しない

    「愛情が薄れてきたのかな、と思って悲しくなる」(20代女性)など、長く付き合っている彼女からのメールは、気安さからつい返信を後回しにしがちです。初心を忘れず、メールが来たらすぐに返信するだけでも、彼女に喜んでもらえるようです。

  • 【6】デートに着てきた彼女のファッションを褒める

    「少しでも可愛いと思ってほしくて頑張ってるわけで」(20代女性)など、彼女がデートの日にオシャレをするのは彼氏のため。それをハッキリ口に出して褒めてあげれば、彼女の努力が報われます。何度も見た服装でも、着こなしの微妙な違いなどを見つけて褒めてあげましょう。

  • 【7】特に用事がなくとも自分からメールや電話をする

    「デートの日しか連絡しないとか、なんか寂しい」(10代女性)など、メールや電話で雑談することに愛情を感じる女性は多いようです。生活のなかでフト彼女を思い出したらメールを送る、寝る前に10分だけ電話するなど、こまめな連絡を心がけたいものです。

  • 【8】プレゼントを贈るときは、手紙を添える

    「どんなに文章がヘタでも泣くほど嬉しい」(20代女性)など、彼女へプレゼントをするときは、ちょっとした手紙を添えて贈ると、愛情が大いに伝わるようです。手軽なメールとは違い、自分の字で手書きするからこそ、真心がこもるのかもしれません。

  • 【9】デートの予定を自分で提案し、「会いたい」気持ちを伝える

    「いつも自分が会いに行くのはしんどい」(20代女性)など、彼氏の方からデートの日程などを提案することで、「会いたいと思われている」と実感する女性は多いようです。いくらしっかりものの彼女でも、デートの計画は相手任せにしないようにすべきでしょう。

ほかにも、「彼女に『私、愛されてる!』と実感してもらうためのベタな行動」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock