なぜか女子ウケのいい出身地9パターン


都道府県にはそれぞれにイメージがあります。そのため、根拠は不確かながら「女子ウケのいい都道府県」というものが存在するようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「なぜか女子ウケのいい出身地」をご紹介します。

  • 【1】男気がありそうな「広島」

    「任侠映画の影響かもしれないけど、強い男の人が多そう」(20代女性)など、広島出身の男性に男らしさを期待する女性もいるようです。独特の方言も男らしさを感じさせている一因だと思われるので、どんな場所でも自信を持って、方言で話すようにしましょう。

  • 【2】地元愛が強そうな「佐賀」

    「完全に例の歌のイメージ(笑)。でも、地元が好きっていいことだよね」(20代女性)など、お笑い芸人のヒットソングで一躍有名になった「佐賀」出身の男性は、「郷土愛が強い」という印象があるようです。お国自慢をすると「やっぱり!」と喜ばれそうです。

  • 【3】九州男児らしくグイグイ引っ張ってくれそうな「福岡」

    「厳格でいいお父さんになると思う」(20代女性)など、福岡出身の男性は強くて熱い「九州男児」の代表のように思われているようです。多少強引なくらいの態度で女性にアプローチすれば、「さすが情熱的!」とキュンとされるかもしれません。

  • 【4】面白い話をしてくれそうな「大阪」

    「お笑いの街だし、笑いのセンスには期待できる」(20代女性)など、面白い男性を好む女性には、大阪出身の男性の人気が高いようです。ただし、そのぶんハードルが上がっているともいえるので、飲み会などに参加する際は、必ず笑いがとれるテッパンネタのひとつも用意して挑んだほうがいいでしょう。

  • 【5】濃い顔のイケメンが多そうな「沖縄」

    「目鼻がクッキリしたあの顔が好き!」(20代女性)など、沖縄出身の男性には「イケメン」というイメージがあるようです。ちょっと荷が重いイメージではありますが、おしゃれをして、人懐っこい笑顔で陽気に振る舞えば、好印象は確実でしょう。

  • 【6】大らかに育っていそうな「北海道」

    「あんなにいい環境で育った人なら、穏やかな良い人になるはず」(20代女性)など、北海道出身の男性に大自然のような包容力を求める女性もいるようです。例えば相手が待ち合わせ時間に遅れても、「気にしないで」と本心から言えれば、「感じの良い人だな」と思われそうです。

  • 【7】強いなまりに和む「秋田」

    「なまりのある人と話してるとホッとする」(20代女性)など、強いなまりが癒しにつながることもあるようです。都会で暮らす人はできるだけ方言を出さないよう気をつけるケースが多いですが、ときにはお国言葉で話すことも必要かもしれません。

  • 【8】上品なイメージのある「京都」

    「和の雰囲気の落ち着いたいい街だった。住んでる人も品がよさそう」(20代女性)など、京都を旅したときなどに得たイメージが、そのまま府民のイメージに繋がることもあるようです。和服を着るのは少しやりすぎかもしれませんが、神社仏閣や伝統文化などに精通していると「京都っぽい」と喜ばれるのではないでしょうか。

  • 【9】洗練された都会の雰囲気がある「東京」

    「自分が地方出身者だから、いまだに東京は『すごい場所』と思ってしまう(苦笑)」(20代女性)など、大都会「東京」出身の男性に対して、ある種の憧れを抱く女性もいるようです。流行のおしゃれなレストランやバーに連れて行くと、うっとりされるのではないでしょうか。

ほかにも「なぜかこの出身地は女子ウケがいい」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock