アピールしすぎると女の子にウザがられるスペック9パターン


普通なら女の子がグラッとくるスペックも、露骨にアピールしすぎると小物に見えてしまうようです。具体的には、どんな自慢を控えたほうがいいのでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者の声を参考にした、「アピールしすぎると女の子にウザがられるスペック」をご紹介いたします。

  • 【1】「腹筋が割れている」などの肉体関係の自慢

    「鏡の前でポーズ決めていそう」(20代女性)というように、過剰な筋肉アピールをすると女の子にナルシストだと思われてしまうようです。女の子は筋肉そのものに惹かれるのではなく、「華奢な男性が実は細マッチョだった」などのギャップに弱いのかもしれません。

  • 【2】「外車に乗っている」など車関係の自慢

    「車がすごいってだけでしょ」(20代女性)というように、高級車を所持していても男性そのものに魅力がないと惹かれないというのが女の子の本音のようです。仮にいい車に乗っていても、ドライブデートまで内緒にしておいたほうが、ちょっとしたサプライズにもなるので喜ばれるかもしれません。

  • 【3】「芸能人の○○に似ている」というイケメンアピール

    「そうかもしれないけど、自分で言うなよ(笑)」(10代女性)というように、誰に似ているのかは他人が指摘することであり、自己申告するのは自意識過剰という女の子も。自然に気づいてもらいたいなら、まず相手が誰に似ているのか話題にしてみてはいかがでしょうか。

  • 【4】知り合いの数やSNSの知り合いの多さなどの人脈の広さの自慢

    「自分に自信がない証拠でしょ」(20代女性)というように、交友関係を過剰にアピールするのは、自分自身に誇れるところがないからだと思われてしまうようです。ただし、「人の繋がりを大切にして何かに成功した」などのエピソードがあるなら好意的に聞いてもらえるかもしれません。

  • 【5】有名大学、難関大学を卒業したという学歴関係の自慢

    「聞かれるまで言わなきゃカッコいいのに」(20代女性)というように、自ら出身大学を語ってしまうと、女の子に「学歴しかとりえがない男」のように思われてしまうようです。聞かれるまで黙っておくのはもちろん、相手に「大学は?」と尋ねるだけでも嫌みに思われる恐れがあるので注意しましょう。

  • 【6】「地元では有名な地主」「先祖は庄屋さん」などの家柄自慢

    「自分で築いたものじゃないじゃん」(20代女性)というように、これといった実績のない男性が家の格を語っても、先祖の遺産にぶら下がって生活しているようにしか聞こえないようです。育ちの良さは、食事やデート中の立ち居振る舞いでアピールしたほうがいいのかもしれません。

  • 【7】「帰国子女」「留学経験あり」など語学自慢

    「実はバイリンガルっていうのがいいのに」(30代女性)というように、外国暮らしについて語ると、女の子に語学力をひけらかしていると誤解されることも。街中で外国人に道を聞かれたら丁寧に案内をするなど、語学は自慢するより使っているところを見せたほうが感激されそうです。

  • 【8】ブランドずくめのコーディネートなどの服装自慢

    「服の力に頼りすぎ」(20代女性)といように、男性が高い洋服を着ているからといって、センスがあるとは限らないと考える女の子も少なくないようです。ブランドの名前に頼らず、本当に自分に似合う服を研究するほうが女の子の評価は高いのかもしれません。

  • 【9】「20人以上に告白された」など恋愛経験の自慢

    「その手の話はもう聞きあきた」(30代女性)というように、昔の自分がいかにモテたのか誇らしげに語られても、聞き手はウンザリするようです。むしろ、「モテそう」と言われても全力で否定するくらいのほうが女の子からの印象はいいでしょう。

ほかにも「アピールしすぎると女の子にウザがられるスペック」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock