帰り道において、急にデートに誘うときのフレーズ8パターン


丸一日の予定を押えてデートする以外にも、学校や仕事の帰りに軽くデートすることも手段のひとつ。短時間ではあるもののデートを積み重ね、お互いの関係を深めても良いのではないでしょうか。そこで今回、「帰り道において、急にデートに誘うときのフレーズ8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「ついでに食事しない?」

    帰りがけ、ストレートに食事に誘うパターンです。長い時間をかけずに、軽く食事ができるところが好ましいでしょう。当然ながら、他の人と食事の約束がある場合には、断られることになるので、「もし、時間があれば、ついでに食事していこう。」など、「時間があれば」という前置きがあった方が良いでしょう。

  • 【2】「一杯だけ飲んでいこう。」

    飲みに誘うときの一言です。「一杯だけ」という表現によって、短時間のイベントのように伝わり、OKしてもらえる可能性が高まるでしょう。ただし、お酒を飲んだ場合、長い時間になりがちです。ちょっと物足りないくらいで解散することで、次回のデートにつながりやすいかもしれません。

  • 【3】「軽くお茶していかない?」

    お茶に誘うパターンです。カフェで過ごすのであれば、短時間で済みそうな印象があり、OKをもらえる可能性があります。素敵なカフェに案内することができれば、印象もアップすることでしょう。

  • 【4】「少しだけ話をしていこうよ。」

    「話をする」という目的を率直に伝えるパターンです。帰り道の会話が盛り上がっていたときに有効なフレーズと言えるでしょう。なお、誘いにOKしてもらえた場合、スムーズにお店に入れるようにするため、周辺の飲食店をチェックしておきましょう。

  • 【5】「せっかくだから景色を見ていこうよ。」

    デートスポットなどの景色の良い場所が近くにあるときの一言です。目の前に素敵な景色があるならば、「せっかくだから」というフレーズによって、女の子の心が動くかもしれません。

  • 【6】「ちょっとだけ雨が止むのを待とうよ。」

    少しだけ雨が降っているときの一言です。雨が止むのを待つために、喫茶店に誘うパターンです。ただし、天気に詳しい女の子だった場合、「今日は、夜まで雨だから、帰った方が良いよ。」と言われる可能性があるので、注意しておきましょう。

  • 【7】「女友達にプレゼントを買うから、ちょっとだけ買い物付き合って。」

    女友達へのプレゼントを一緒に選んでもらうパターンです。「どんなプレゼントを買ったら良いのか分からず、アドバイスがほしい。」と頼むことで、女の子にOKしてもらえる可能性があります。なお、プレゼントの相手は「友達」であることを強調し、恋人がいないことをアピールした方が良いでしょう。

  • 【8】「一人じゃ寂しいから、1時間だけ付き合って。」

    寂しさを前面に押し出すパターンです。女の子が誘いを受け入れるためには、ときには「理由」が必要となります。「寂しいから。」という本音を打ち出すことで、女の子が「仕方ないな・・・」と思いながらも、デートに付き合ってもらえる可能性があるでしょう。

実際に言えそうなフレーズは見つかったでしょうか。他にも、帰り道において、急にデートに誘うフレーズで有効なものがあれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock