女の子をイライラさせる別れの言葉8パターン


交際していた彼女に別れを告げるとき、よかれと思って放ったひとことで、思わぬ反感を買うことがあります。そこで今回は、世の男性が言ってしまいそうな「女の子をイライラさせる別れの言葉」の例と、その理由についてご紹介します。

  • 【1】「傷つけたくない。」

    別れを切り出された時点で彼女は十分に傷ついているはずなのに、こんなせりふは傷口に塩を塗りこむようなものです。「彼女のことを思って傷つけたくない」というよりは、「他人を傷つける立場にいたくない」という自己防衛の気持ちがどうしても見えてしまいます。別れの瞬間、女の子は特にそうした欺瞞を敏感に嗅ぎ取るものなので、注意しましょう。

  • 【2】「幸せにする自信がなくなった。」

    「自信がなくなった」と言われて納得する女性は少ないでしょう。結局のところ、「幸せにする自信」という、聞こえのいい表現を用いて「逃げている」としか解釈されず、「なんかズルい人」という印象を残すことにつながるので、避けたほうが無難な表現です。

  • 【3】「嫌いになったわけじゃない。」

    こんなふうに言われたら、彼女のほうは「じゃあなんで別れる必要があるの?」と思うに違いありません。嘘でもいいから、いっそ「嫌いになった。」と言ってくれたほうが、まだ諦められるという意見も多いのではないでしょうか。

  • 【4】「もっといい男を探せよ。」

    一見、さわやかな別れの挨拶であるかのように錯覚しますが、言われたほうの心情としては、「余計なお世話だ。」「あんたに言われたくない。」と憤慨したり、「わたしはあなたがいいのに、なんでわかってくれないの!」と、別れを拒む方向に心を動かしてしまったりと、悪循環を生む可能性があるため、控えたほうがいいせりふです。

  • 【5】「いまでも大切に思ってる。」

    この言葉は、別れの状況によって、受け取られ方が大きく異なるでしょう。仕事の事情など、やむをえない理由があり、互いに承知して別れを選ぶケースなら、言葉の通りに真心を伝えられるかもしれません。しかし彼女が納得していない場合、「結局、建前でしょ。」と、火に油を注ぐことにつながりかねず、配慮が必要なコメントです。

  • 【6】「もう疲れたんだ。」

    たとえそれが偽りのない本当の気持ちだったとしても、ストレートに言ってしまっては話がこじれる一方です。「疲れた」ことを理由に別れを乞う際には、「ごめん、もう無理だ。」と、ひたすら謝り倒すのが得策かもしれません。

  • 【7】「責任が持てないんだ。」

    一見、誠実さを伴う発言のように思えますが、「責任って何?」ということを突き詰め、彼女も合意している前提がないと、説得力がありません。恋愛における「責任」といえば、「結婚」を連想することが多いと思いますが、ふたりの将来について、これまでどのように話し合ってきたのでしょうか。その点をよく考えて発言する必要がありそうです。

  • 【8】「君ならひとりでも大丈夫だよ。」

    彼女の生き方を応援しているような口ぶりですが、実際には「ほかに好きな人ができた」ときによく使われるせりふです。鋭い彼女なら、「君は大丈夫だろうけど、ひとりにしておけない女の子が別にいるんだ。」という裏の意味に気づいてしまうかもしれません。ないがしろにされたとして、恨みを買うことも考えられるので、気をつけましょう。

今回ご紹介したなかに、すでに口にしてしまった経験のある失言はありませんでしたか?悪気がないつもりでも、相手にとっては嫌な言葉だということは、別れの場面に限らずよくあることだと思います。異論など、さまざまな考え方があると思います。皆さんのご意見をお聞かせください。(松田久美子)
Photo:All images by iStock