女の子が「とりあえず1回目は断っておいた方が良い」と考える男性からの恋愛アプローチ9パターン


デートの誘いや告白を一度断られたくらいであきらめてはいけません。本当は嬉しい申し出も、いったん断ることにしているという女性は少なくないようです。その狙いは何か?  『オトメスゴレン』女性読者に聞いた、「女の子が『とりあえず1回目は断っておいた方が良い』と考える男性からの恋愛アプローチ」を紹介します。

  • 【1】ガードの堅い女であることをアピールしたい「連絡先教えて!」

    「誰にでも教えていると勘違いされる」(20代女性)など、八方美人ではないことを主張するために一度断るパターンです。2回目は「LINEのIDは?」「FAXでもいいから」など、ハードルを低くしたり冗談を交えたりしつつ、再チャレンジしてみましょう。

  • 【2】彼氏になるまでは存在を伏せておきたい「SNSで友達申請していい?」

    「SNSでやりとりすると友達にバレるから」(10代女性)など、恋愛はこっそり進行したいと一度断るパターンです。まわりくどくSNSで友達になるのをやめ、素直にメルアドや電話番号を聞いた方が意外と教えてくれるかもしれません。

  • 【3】暇そうにしていると思われるのが悔しい「来週の予定空いてる?」

    「つまらない女だなって思われると悔しい」(20代女性)など、もったいぶりたいので一度断るパターンです。ここで「再来週は?」と深追いすると、勢いで「ずっと忙しい」と可能性を断たれることも。「じゃあ、また誘うね」といったん引くのが利口かもしれません。

  • 【4】食いしん坊キャラはしばらく隠しておきたい「もっと食べなよ」

    「最初のころのデートでは、とりあえず遠慮するもの」(30代女性)など、自分を良く見せたいために一度断るパターンです。男性の「何が食べたい?」に対する、女性の「何でもいい」という答えと同じく、「デートの基礎会話」だと捉えれば気にすることはないかもしれません。

  • 【5】昼間のデートを重ねないと信用できない「飲みに行かない?」

    「いきなり飲みに行くのはちょっと」(20代女性)など、相手のことをもっと知りたいので一度断るパターンです。「じゃあ、ランチしない?」「お茶しない?」などアルコール抜きのデートを再提案するとOKがもらえるかもしれません。

  • 【6】おごってもらうのが当たり前な勘違い女にはなりたくない「ご飯おごるよ」

    「おごられると借りを作った感じになるので苦手」(30代女性)など、フェアな関係でいたいために一度断るパターンです。「じゃあ、次の店で出して」「次回はおごって」などと申し出れば、相手に負担をかけず次にもつなげることができるでしょう。

  • 【7】一度断ってから本気かどうか確かめたい「付き合ってください」

    「すぐ『付き合おうよ』って言う男もいるから信用できない」(20代女性)など、男性の本気度を試すために一度断るパターンです。ハッキリと拒否されているのであれば難しいですが、あいまいな断り方なら希望はあるかもしれません。

  • 【8】これを許したらエスカレートしそう「手、つないでもいい?」

    「手を許すとどんどん体の距離が近づくし、自分も好きになってしまいそうになるので」(20代女性)など、歯止めがきかなくなるため一度は断るパターンです。女性にとってこういった順序はとても大切なので、まずは告白して恋人関係になるのが先決です。

  • 【9】軽い女だと思われたくない「うちに遊びに来ない?」

    「特に付き合ってもいない段階で行くと軽く見られる」(20代女性)など、身持ちの堅さをアピールするために一度断るパターンです。心を開いてくれるまで、しばらく外でのデートをコツコツと真面目に積み上げるしかないでしょう。

「女の子が『とりあえず1回目は断っておいた方が良い』と考える男性からの恋愛アプローチ」にはほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock