久しぶりに連絡する女の子への一発目のLINE9パターン


相手が自分のことを覚えているかどうか分からないほどご無沙汰している女の子には、どんなLINEを皮切りに連絡を取るといいのでしょうか。そこで今回は、「久しぶりに連絡する女の子への一発目のLINE」をご紹介いたします。

  • 【1】「元気?」

    シンプルに安否を確認する一言で会話の口火を切るパターンです。ただし、それだけだと真意が伝わらず、「何?」と警戒されてしまうおそれもあるので、次のコメントですぐに用件を伝えましょう。

  • 【2】「誕生日おめでとう!」

    相手の誕生日を口実に連絡を取るパターンです。久しぶりの人からのお祝いコメントであれば、「誕生日を覚えてくれていた!」という喜びもひとしおなので、悪い印象は与えないでしょう。

  • 【3】「ふと思い出してLINEしました!」

    特に理由はないけれど連絡したと率直に伝えるパターンです。唐突すぎて相手も当惑するかもしれませんが、「最近どう?」などとブランクを感じさせないテンションでやりとりを開始すると、すんなり乗ってきてもらえるでしょう。

  • 【4】「メールアドレス(電話番号)が変わりました!」

    メールアドレスや電話番号など、連絡先を変えたことを伝えるパターンです。定型文を送るのではなく、自分との間だけで通じるような共通のネタや思い出話などを随所に挟み込むことで、一気に距離を縮められるかもしれません。

  • 【5】「実は、転職しました」

    転職や転勤などの報告をするパターンです。それだけでは「だから何なの?」と思われる可能性があるので、「近い業界になった」「オフィスが近くなった」などと相手との関係について触れることで、関心を持ってもらいましょう。

  • 【6】「久しぶりに食事でもどう?」

    唐突ながらも、ストレートに誘うパターンです。ある意味、男らしい戦法ですが、「なんであなたと行かないといけないの?」と思われるおそれもあるので、「素敵なお店を見つけたんだけど…」などと相手の女性が食いつきそうな情報も同時に提供したいところです。

  • 【7】「突然だけど、合コンしよう!」

    いきなり合コンに誘うパターンです。女の子が新しい出会いを求めているタイミングであれば、実現の可能性は高いかもしれません。しかし、すでに彼氏がいたり、恋愛をする気分ではない場合は、面倒だと思われてしまうだけでしょう。

  • 【8】「彼氏できた?」

    藪から棒に彼氏の有無を確認するパターンです。明るいキャラの男性なら、突然こんなことを聞いても不自然には思われにくいでしょう。しかし真面目な印象を持たれている人の場合、薄気味悪いと思われてしまう確率が高いので、やめておいたほうがよさそうです。

  • 【9】「昨日、夢に出てきたから連絡してみた!」

    嘘か本当か検証のしようのない「夢」を理由にするパターンです。「夢に出てきた?気持ち悪い人」と思われたくなければ、ユニークな夢の内容を具体的に書き記して相手に興味を持ってもらうといいでしょう。

ほかにはどんな文面が考えられますか。みなさんのご意見をお待ちしています。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock