告白するタイミング8パターン


気になる女の子に、どのようなタイミングで告白すべきか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。タイミングにはついて一人ひとり異なるものですが、一体、どのような種類があるのか、気になるところです。そこで今回は、告白間近のみなさんの参考になるように、「告白するタイミング8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】自分の気持ちが高まったとき

    自分の気持ちと向き合い、告白するパターンです。自分の気持ちが高まったときこそ、最も積極的に告白することができるでしょう。勇気を奮い立たせて、伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】女の子にOKしてもらえそうだと確信したとき

    「きっとOKしてもらえるはず!」という自信がついてから告白するパターンです。告白そのもので、心が動くことは少ないと冷静に考えている方が、このパターンに該当するようです。恋愛において冷静さは必要ですが、冷静になりすぎ、長期戦となった場合、女の子の心が他の男性に動く可能性があるので、限られた時間で積極的にアプローチして、自信をつける必要があります。

  • 【3】3回以上デートをしたとき

    3回デートをして、関係が深まらない場合、男友達として接するようになる女性もいるようです。自分の気持ちが固まり、3回デートできた場合には、告白する頃合いかもしれません。また、自ら期限を設定することで、短時間でより深く女性のことを知ろうと努力するようになるでしょう。

  • 【4】クリスマスや女の子の誕生日などの記念日にデートしたとき

    クリスマスや女の子の誕生日など、「恋人同士で過ごすことが多い日」にデートしたときに告白するパターンです。大切な日にデートできたことを「脈アリ」と判断し、思い切って告白しても良いかもしれません。

  • 【5】しばらく会えそうもないとき

    卒業式や転勤のタイミングなど、「会える最後の機会」を狙って告白するパターンです。ただし、一度もデートをしていない場合、信頼関係を築くことができず、相手の気持ちも高まっていないため、振られてしまう可能性があります。

  • 【6】女の子に「好きな人ができるかも・・・。」と言われたとき

    女の子の「好きな人ができるかも・・・。」という言葉は、告白しない男性に対して、ヤキモチを焼かせる「駆け引き」である可能性があります。女の子が本当に他の人を好きになる前に、勇気を出して、積極的にアプローチしたいものです。

  • 【7】女の子が失恋し、恋愛相談にのったとき

    気になる女の子が失恋したときのパターンです。傷が癒えてきたタイミングで、告白してはいかがでしょうか。ただし、「弱みにつけ込んでくる男!」と思われる可能性があるので、誠意をもって、真剣に気持ちを伝えることが重要なポイントとなるでしょう。

  • 【8】友達から「そろそろ告白しちゃえよ。」とアドバイスされたとき

    友人からのアドバイスに従うパターンです。友人からの客観的な視点でのアドバイスは、的を射ていることもあります。アドバイスをきっかけとして、勇気を振り絞って告白してみてはいかがでしょうか。

他には告白するのに、どのようなタイミングがあるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock