「○○歳になっても独身なら結婚しよう」と言う女子の本音9パターン


女の子からの「○○歳になったら結婚しよう」という一言は、マトモに受け取ってしまっていいものなのでしょうか。どんな気持ちで女の子が言っているのか、本心を知りたいところです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に、「『○○歳になったとき、お互い誰とも付き合ってなかったら結婚しようね』という女の子の本音」に迫ります。

  • 【1】恋愛対象ではないけど、結婚相手としてはよさそう

    「恋人としては物足りない」(20代女性)というように、恋愛感情が湧かないけれど、将来のパートナーとしてなら相性がよさそうだと、女の子に思われているのかもしれません。仲のいい女友達からの一言なら、「ドキドキはないけど、一緒にいると居心地がいい」という意味でしょう。

  • 【2】自分から告白するのは怖いけど、付き合いたい

    「それとなく好きな気持ちを伝えたい」(10代女性)というように、女の子が男性に想いを打ち明けるつもりで言っているケースもあるようです。二人きりのときに女の子が緊張しながら…というシチュエーションであれば、告白と同意かもしれません。

  • 【3】恋愛感情はないが、根本的に「いい人」だと思っている

    「人柄は好き」(20代女性)というように、女の子が「結婚してもいいくらいの人間的な魅力がある」という意味で言う場合もあるようです。年齢や立場などが離れている女の子からの一言なら、恋愛感情を込めた言葉ではない可能性が高いかもしれません。

  • 【4】男性の反応を見て、自分のことをどう考えているのか探ろうとしている

    「どんなリアクションか気になる」(20代女性)というように、女の子は自分に気があるかどうか試すために言っているのかもしれません。告白前のデート中などに出てきたセリフなら、女の子は男性からの「そうなるといいね」などの答えを期待していそうです。

  • 【5】その場を盛り上げるネタとして、なんとなく言っただけ

    「話が途切れたので思ったことを言ってみた」(20代女性)というように、女の子が話題作りのために言うこともあるようです。女の子が「結婚しよっか」のように軽いノリで言ってきたのなら、本気にしないほうがいいでしょう。

  • 【6】二人の関係がどうなるかわからないけれど、○○歳になったとき思い出してほしい

    「付き合うのは無理でも忘れないでほしい」(20代女性)というように、約束の年齢になったとき自分の存在を思い出してほしくて言ったという女の子もいます。遠距離などの障壁があって交際困難なので、「好き」と言えず遠回しな表現をしているのかもしれません。

  • 【7】誰とも結婚できなかったときのために、保険をかけておきたい

    「結婚はまだ先の話です」(20代女性)というように、男性を結婚相手としては魅力的だとは思いつつ、もっとほかの男性も見たいというワガママで、結婚の話題を持ち出すことも。結婚適齢期が大分先の女の子が言った場合はなおさらです。

  • 【8】悪気があるわけではなく、本気でそう思っている

    「結婚したいのはウソじゃないけど、年齢的に結婚はまだ先の話なので」(20代女性)というように、言葉通り結婚したいと思って話している女の子もいるようです。目を見て真剣に訴えかけているときは、女の子の言葉を真摯に受け止めて答えるようにしましょう。

  • 【9】モテない男性を慰める意味で言っている

    「フラれて落ち込んでいたので」(20代女性)というように、女の子が男性を励ます意味で言っているケースも。例えば、語尾が「結婚してあげるから」など、ちょっと恩着せがましい場合は、慰めの意味が強いのかもしれません。

「『○○歳になったとき、お互い誰とも付き合ってなかったら結婚しようね』という女の子の本音」には、ほかにどんなものが考えられるでしょうか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock