デートで沈黙が続いたときの話題9パターン


気になる女の子との初デート。盛り上がる会話ができず、沈黙が続き、慌てて話題探ししたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、沈黙を回避していただけるように、「デートで沈黙が続いたときの話題9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】昨日の出来事について質問する。

    記憶に新しい昨日の出来事について質問するパターンです。日常の過ごし方が明らかになり、彼女の意外な一面を垣間見ることができるかもしれません。

  • 【2】最近、面白かったテレビや本について質問する。

    テレビや本などを通して、彼女の趣味について明らかにするパターンです。 この質問をキッカケに、彼女の好みについて知ることができるでしょう。ただし、突然質問した場合には、女の子も引いてしまう可能性があります。まずは自分の好きなテレビや本について話をしてから、質問することで自然な会話の流れを作り出すことができるでしょう。

  • 【3】家族構成について質問する。

    家族構成について質問をするパターンです。出会って間もない状況では、意外にも家族構成を知り得ないものです。彼女の家庭環境について知ることで、意外な事実を発見し、新しい話題へと繋がる可能性があるでしょう。

  • 【4】休みの日の過ごし方について質問する。

    休日の過ごし方について質問するパターンです。時間の使い方を通じて、熱中している趣味について聞き出せるでしょう。また、特定の趣味がなかったとしても、時間の使い方によって、女性の価値観を知るキッカケとなるでしょう。

  • 【5】嫌いな食べ物について質問する。

    食事する前に、嫌いな食べ物について質問しておくパターンです。嫌いな食べ物に関する情報は、飲食店を決める際に参考となります。場合によっては、行こうと決めていた飲食店を変更するなどの対応が必要となるでしょう。

  • 【6】「混んでいるね。」「今日は晴れて良かった。」など、目の前で起こっていることについて感想を述べる。

    混雑状況や天候など、デート中の出来事について話題に出すパターンです。  ただし、女の子に対する質問ではないため、「そうだね。」の一言で会話が終わってしまうリスクが伴います。どうしても沈黙を解消したい場合に使いたい一言でしょう。

  • 【7】共通の友人について話す。

    共通の知人について話題に出すパターンです。会話を盛り上げるために、「共通点」を見つけることは重要なポイントのひとつです。共通の友人について話すことで、会話が盛り上がる可能性はあります。ただし、友人の悪口にならないように注意しましょう。

  • 【8】初めて会ったときの印象を話す。

    初めて出会ったときの印象について話すパターンです。出会ったときに感じた魅力について語り、女の子を褒めるようにしましょう。女の子のテンションを上げることができれば、自然と会話は盛り上がるでしょう。

  • 【9】自分の失敗談を明るく話す。

    失敗談を話し、女の子に笑ってもらうパターンです。自慢話を披露するよりも、好感を持たれる可能性があります。明るく話すことで、素直で前向きな性格であることをアピールできるでしょう。

他にはどのような話題で盛り上がることができるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock