女の子がキスを拒む理由8パターン


付き合う前、女の子の気持ちを確かめるために、果敢にもキスしようとチャレンジしたものの、女の子から強い拒絶反応。一体、キスを断った女性にはどのような本音があるのでしょうか。そこで今回、女性の気持ちを理解していただくために、「女の子がキスを拒む理由8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】好きではないから。

    女の子があなたに好意を抱いていないために、キスを断るパターンです。キスを試みる前に、まずは女の子に好意を持たれるようなコミュニケーションが求められます。何度かデートを重ね、信頼関係を作り上げてからアプローチした方が良いでしょう。

  • 【2】近づいてきた顔が気持ち悪かったから。

    目を閉じた男性の顔を見て、女の子が気持ち悪いと感じてしまったパターンです。自分の顔が間近に見られないように、女の子が目を閉じてから、キスするようにした方が良いでしょう。

  • 【3】息が臭かったから。

    息が臭いことで、キスする気が失せる女の子もいます。会話中にガムを渡された場合、「息が臭いよ」というサインである可能性があります。しっかりと口臭予防をしてから、デートに臨んだ方が良いでしょう。

  • 【4】虫歯がチラリと見えて、気になったから。

    笑ったときなどに開いた口のすき間に、チラリと見える虫歯を発見することで、女の子のテンションが下がってしまうパターンです。虫歯が多い場合には、デート中に口を大きく開けず、虫歯を見せないような工夫が必要となるでしょう。

  • 【5】唇がカサカサしていたから。

    カサカサした唇に拒絶反応を見せる女の子もいます。乾燥しがちな男性は、リップクリームなどで潤いを保ち、キスに臨んだ方が良さそうです。ただし、デート中に何度もリップクリームを塗る姿を女の子に見られることで、「もしかして、キスする気が満々?」と女の子に思われ、ドン引きされる可能性があるので注意しましょう。

  • 【6】ヒゲがチクチクして、痛そうだったから。

    ヒゲが痛そうであることを恐れ、女の子がキスを拒むパターンです。ヒゲを生やしている男性とキスして、痛い思いをした経験をもつ女性もいるようです。

  • 【7】周りに人がいて、恥ずかしいから。

    周囲の人がいることでキスを拒むパターンです。キスする姿を他の人には見られたくないと考える女の子もいます。女の子が恥ずかしがらないように、人がいない場所でムードを演出してからキスするように工夫してみてはいかがでしょうか。

  • 【8】軽い女だと思われたくなかったから。

    キスすることで、「軽い女」と思われることを恐れているパターンです。出会って日が浅い場合、このケースに該当する可能性があります。焦らず、女の子と信頼関係を作り出す根気が必要となるでしょう。

キスを断られたみなさんは、思いあたる項目は見つかったでしょうか。また、今回、ご紹介した理由以外にも、さまざまなキスを拒む理由が考えられます。その他の理由について、みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock