遠距離恋愛となったとき、決めておいた方が良いこと8パターン


彼氏が転勤を言い渡され、突然の遠距離恋愛に。遠距離恋愛を乗り切るために、事前にどのようなことを決めておいた方が良いのでしょうか。そこで今回、遠距離恋愛経験がある方の話を参考に、「遠距離恋愛となったとき、決めておいた方が良いこと8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】交通費の負担割合について

    遠距離恋愛となれば、交通費も大きな金額となります。会いに行ったときの交通費について、話し合っておくことで、金銭面でストレスを抱えることを回避できるでしょう。

  • 【2】実際に会う場所と頻度について

    遠距離恋愛の場合、「どこで会うか?」という場所の決定は、重要な要素です。移動することはお金がかかり肉体的な疲労も伴います。会う場所や頻度について、予め決めておき、双方に無理のないスケジュールを立てたいものです。

  • 【3】電話する時間帯や頻度について

    遠距離恋愛となれば、電話でのコミュニケーションが多くなるでしょう。お互いの生活リズムが安定したら、電話する時間帯や頻度について確認しておくことで、連絡の行き違いを避けることができるでしょう。

  • 【4】電話を終えるときの「愛の言葉」について

    遠距離恋愛となれば、直接会う機会が少くなるため、電話でのコミュニケーションが増えてきます。電話を終えるときに、「二人だけの言葉」を決めておくことで、一体感を得ることができ、絆を深めることができるでしょう。

  • 【5】メールなどの返事ができないときの事前連絡について

    遠距離恋愛では、連絡を取り合えないだけで、不安感は増大するものです。いつも連絡を取り合っている時間に、返事ができなくなる場合、事前に伝えておいた方が彼女は安心することでしょう。

  • 【6】不満がたまったときの約束事について

    遠距離恋愛となれば、相手に対する不満やストレスが発生しても、解消する手段が限られてしまいます。「些細な不満でも、伝えるようにする」など、不満がたまったときの対処方法について、話し合っておくことで、トラブルが起きにくくなるでしょう。

  • 【7】電話でケンカになったときの約束事について

    遠距離恋愛でケンカになった場合、すぐに会えないため、仲直りすることは難しくなります。できるだけ早く仲直りするため、「ケンカになりそうなとき、強制的に電話を切らないこと」、「ケンカは次の日に持ち込まない」などの約束事を事前に決めておくことで、大きなケンカになる可能性を低くすることができるでしょう。

  • 【8】ご褒美の設定について

    長期にわたる遠距離恋愛の場合、将来におけるゴール設定が必要でしょう。「◯年間がんばったら、旅行に行く」「◎年後には結婚しよう」など、二人にとってのご褒美を設定することで、寂しい遠距離恋愛を耐えることができるでしょう。

遠距離恋愛を経験したことのあるみなさんが、予め決めておいたことは含まれていたでしょうか。他にも効果的な約束事がきっとあると思います。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock