巨乳女子がなかなか男性に明かせない「困りごと」9パターン


胸が小さいことは女性のコンプレックスとしてよく知られていますが、逆に胸が大きいことにコンプレックスを持つ女性もいるようです。彼女たちは、日常生活のどんなことに悩んでいるのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「巨乳女子がなかなか男性に明かせない『困りごと』」をご紹介します。

  • 【1】スポーツをするとき胸が揺れて痛い

    「特に走ったりすると、胸が揺れて痛いくらい」(10代女性)など、スポーツをするとき、自分の大きな胸を邪魔に思う女性もいるようです。「胸が揺れて痛い」とは言いづらいものなので、巨乳の女性をジョギングに誘うのはやめたほうがいいかもしれません。

  • 【2】胸のボリュームのせいで太って見える

    「胸が大きいだけなのに、全体的に太って見えるみたい」(20代女性)など、巨乳が原因で全体に膨らんで見えることを気に病む女性もいるようです。胸の大きさを褒めるとただでさえ「エロい」と引かれてしまうので、「脚がキレイ」「ウエストが細い」などと褒めましょう。

  • 【3】なぜか男性から軽い女に見られる

    「体つきばっかり目立って、軽く思われちゃう」(20代女性)など、見た目が与える印象にうんざりしている女性もいます。たしかに胸の大きい女性は、ことさら女らしく見えますが、勝手なイメージで軽い扱いをしないよう気をつけましょう。

  • 【4】胸のサイズが合わなくて着られない服がある

    「シャツもTシャツも胸の部分だけピチピチになっちゃう」(20代女性)など、巨乳女子は、胸が大きいせいで着られない服も多いようです。洋服をプレゼントする際は、女性と一緒に買いに行ったほうが失敗がないでしょう。

  • 【5】男性の視線が常に胸元に集中する

    「『私の顔は胸じゃなくてココですよ』って言いたいくらい(苦笑)」(20代女性)など、男性の不躾な視線に呆れる女性も多いようです。大きな胸に目線がいってしまうのは男性の「さが」かもしれませんが、男性の「いやらしい視線」に女性はかなり敏感なので、話をするときは必ず女性の顔を見るよう心がけましょう。

  • 【6】どんな服を着てもセクシーになってしまう

    「胸元が少し開いてるだけで、すごい露出してるように見えちゃう」(20代女性)など、巨乳女子が着ると、胸が目立つために服のイメージも変わってしまうようです。パッと見た印象で「セクシーだね」などと言っても、褒め言葉にならない場合もあることを覚えておきましょう。

  • 【7】明らかに体目当ての男性にモテてしまう

    「すぐ触ってくる男子が多くて傷つく…」(20代女性)など、大きな胸に吸い寄せられるような男性の態度に、傷つく女性もいるようです。たとえ思いが真剣でも、ボディタッチをすると「体目当て!?」と疑われがちなので、巨乳女子へのスキンシップは慎重になったほうがよさそうです。

  • 【8】「巨乳は頭が悪い」という都市伝説を信じている人がいる

    「バカっぽいと思ってる男って結構多いみたい(苦笑)」(20代女性)など、巨乳に対するあらぬ誤解に胸を痛める女性もいるようです。そのような思い込みがあると、直接言葉にしなくても無意識に態度に出る恐れもあります。今すぐ考えを改めましょう。

  • 【9】胸の重みで肩凝りがひどい

    「胸におもりを下げてると思ったら、想像つくでしょ?」(20代女性)など、身体的な辛さを口にする女性もいます。さらに重たい荷物を持たずにすむように、「俺が持つよ」とカバンを持ってあげる気遣いを見せると、感謝されるかもしれません。

ほかにも「巨乳女子にはこんな悩みがある」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock