「年下の彼氏」と付き合って後悔した瞬間9パターン


「年上の彼女」を持つ男子も珍しくないですが、彼氏の悪気ない言葉が年上の女性を怒らせることもあるようです。では、どんな発言がマズいのでしょう。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に「『年下の彼氏』と付き合って後悔した瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】「やっぱ若い子はかわいいなぁ」と彼女より年下の女子を褒める

    「だったら若い子と付き合えば」(20代女性)など、自分より若い女子を褒める彼氏の言葉に彼女はムッとしそうです。「年上は包容力がある」と大人にしかない魅力をあげるのもありですが、「年齢に関係なく君だから好き」という気持ちを伝えることが一番大切でしょう。

  • 【2】「その服、俺に合わせてムリしてない?」と勝手に「若造り」と決めつける

    「これは私の趣味!」(30代女性)と、自意識過剰な彼氏にキレる彼女もいそうです。ただし、本当に一緒にいて恥ずかしいくらいなら、買い物デートの際に「こういうのが似合うんじゃない?」と年相応の服を勧めると、彼女も素直に聞いてくれそうです。

  • 【3】「俺、もうオヤジだから無理…」と彼女の年齢を考えない無神経な発言をする

    「じゃあ、私はどうなる!?」(30代女性)など、彼女の立つ瀬がなくなる彼氏の言葉に、怒りの鉄拳を振り下ろしたくなる女子もいるようです。歳を言い訳にせず、素直に「自信がない」と言えば、彼女から年上ならではのアドバイスをもらえるかもしません。

  • 【4】「だからその歳でも結婚できないんだよ」とケンカをすると必ず言い放つ

    「独身と年齢は関係ないでしょ!」(30代女性)というように、すぐに「歳」を持ち出す彼氏は、彼女の神経を逆なでしそうです。女子の中には年下の彼氏へ遠慮して「結婚」を言い出せない人もいるので、売り言葉に買い言葉で彼女を傷つけないよう慎重に言葉を選びましょう。

  • 【5】「年齢はやっぱ首と手に出るんだね」と外見の老化を指摘する

    「ガックシ…」(30代女性)など、自分でも感じている肉体の衰えについて彼氏にダメ出しされると、彼女は相当こたえるようです。たとえ女性の年齢を感じても、それを指摘せず、肌のキメの細かさなど良い点を褒めてあげれば、今まで以上に頑張ってお手入れしてくれそうです。

  • 【6】「ねー、ご飯作って」「ねー、膝枕して」と甘えたことばかりを言う

    「私はママじゃない」(30代女性)と、幼稚な彼氏にうんざりの彼女もいるようです。年下の彼氏に求めることは人それぞれですが、そもそも女子には「恋人に守ってもらいたい願望」があるので、ときには彼女をお姫さまのように扱ってあげるとよいかもしれません。

  • 【7】「僕と仕事とどっちが大事なの?」と比較しようのない幼稚な質問をする

    「絶句もの」(30代女性)など、彼女の中にはあまりにもレベルの低い彼氏の問いに言葉が出ない人もいるようです。「中学生じゃないんだから!」と愛想をつかされないよう、自立した男を目指しましょう。

  • 【8】「そろそろデオドランド系の石けん使ったら?」と加齢臭を心配する

    「へ…?」(30代女性)と、本気とも冗談とも取れない彼氏の発言に、目が点になってしまう彼女もいるようです。実際、臭いが気になるなら、体臭に効果のある海外のオーガニック石けんなどを調べてプレゼントすると、ソレと悟られずに感激してもらえそうです。

  • 【9】「年くってて、そんなことも知らないの?」とエラそうな態度でバカにする

    「あなたとは違う経験をしてるのよ!」(30代女性)など、彼氏の生意気な態度にいきり立つ彼女もいるでしょう。彼女が知らないことがあっても上から物を言う態度ではなく、優しく教えてあげれば「よく知っているのね」と尊敬してくれるかもしれません。

ほかにも「年上の彼女にキレられたエピソード」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock