女子を打ちのめした「見た目に関する何気ない一言」9パターン


何気ない一言で、相手にひどいショックを与えてしまうことはあるもの。それが異性であった場合、深い心の傷となってしまう可能性もあるので、発言には配慮したいところです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「女子を打ちのめした『見た目に関する何気ない一言』」をご紹介します。

  • 【1】「オレのほうが胸あるんじゃない?」

    「胸が小さいの気にしてるのに…」(20代女性)など、胸の大きさにコンプレックスを感じる女性は少なくありません。もし自分のたくましい胸筋を自慢したいなら、ストレートに「最近鍛えててさ」とアピールしたほうがいいでしょう。

  • 【2】「後ろから見るといい女だね」

    「…ってことは顔は?イヤな言い方!」(20代女性)など、スタイルを褒めたつもりが、顔立ちへのダメ出しに聞こえてしまうこともあるようです。「ウエストが細い」「モデルみたい」など、女性に深読みさせないセリフ選びを心がけましょう。

  • 【3】「お前のジーンズならオレでもはけそう」

    「たしかにぽっちゃりしてるけど、あんたが細すぎるの!!」(20代女性)など、スリムな男性が発した何気ない言葉が、女性をキレさせてしまうこともあるようです。自分の細さを語りたいなら「実はレディースのほうがサイズが合う」というように、一般論に置き換えるようにしましょう。

  • 【4】「妊婦みたいな服ばっかり着てるね」

    「私のファッションは森ガール風なんです!」(20代女性)など、女性のお洒落ゴコロを理解していないと、思わぬところで地雷を踏むことになりそうです。もしあまり似合っていないと感じるなら「スタイルがいいんだから、もっと体のラインを強調すればいいのに」などと褒めつつ、別の路線へ誘導してはいかがでしょうか。

  • 【5】「よく見ると女芸人の○○に似てる」

    「芸人似って言われても女として全然嬉しくない」(20代女性)など、たとえ美形の女芸人を引き合いに出したのであっても、女性を喜ばせることはできないようです。女芸人には「女を捨てている」というイメージが付きまとってしまうので、ここはダイレクトに「かわいいね」と褒めてはいかがでしょうか。

  • 【6】「夏休みの小学生でもそんなに黒くないよ」

    「部活で焼けちゃったんだもん。仕方ないじゃん」(10代女性)など、白い肌に憧れる女性にとって、男性から「黒い」と言われるのはショックなことのようです。「小麦色の肌もよく似合うね」などと言ってあげると、女性の自信も回復するのではないでしょうか。

  • 【7】「すっぴんなんだと思ってた」

    「ちゃんと化粧してたのにひどい!」(20代女性)など、化粧への理解度が浅い男性がヘタなことを言うと、女性を傷つけてしまうこともあるようです。「モトがいいからあんまり化粧しなくても大丈夫なんじゃない?」などと、素顔を褒める言い方に変えたほうがいいでしょう。

  • 【8】「お前、ヒゲはえてるよ!」

    「うっかりお手入れし忘れただけなのに、わざわざ指摘するなんて…」(20代女性)など、親切心で教えてあげたつもりでも、女性にとってはありがた迷惑ということもあるようです。ほかにも鼻毛が出ているなど女性が恥ずかしがりそうなお手入れミスに関しては、指摘しないほうが無難かもしれません。

  • 【9】「一緒に歩いてたら親子に間違われるんじゃない?」

    「フケてるって言いたいならはっきり言えば?」(30代女性)など、特に年上女性に対してこのようなことを言うと、激昂させることにもなりかねません。自分の童顔話がしたいなら、「この前同級生と一緒にいたら『後輩?』って聞かれた」などと、別の人のエピソードで語りましょう。

ほかにも「こんな一言で女子を傷つけてしまった」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock