「この男、薄っぺらいな」と思った瞬間9パターン


どれだけステキな男子でも、女子から一瞬にして「くだらない男」と格下げされることがあります。それはどんなときでしょうか。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に「『この男、薄っぺらいな』と思った瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】ネットで誰でも拾える政治の論評を「あの政治家は…」と、自分の意見かのように話す

    「みんな知ってるわい」(20代女性)と、人の意見を借りて我が物顔で話す男子は女子から軽蔑されそうです。ネットで拾った情報でも「世の中こういう論調だけど」「あの人はこう言っていたけど」と言いつつ自分の考えを付け加えれば、知的な人だと思ってもらえそうです。

  • 【2】「あいつは所詮三流大学出身だから」と他人を学歴で判断する

    「大学がよくてもあんたみたいなのはね」(20代女性)など、出身校で人を評価する男子は「差別的な人」と女子から相手にされなくなりそうです。また、「自分に何かコンプレックスがあるから学歴に執着するんでしょ」と思われる可能性もあるので、大学名を振りかざすのは控えましょう。

  • 【3】「ステマって知ってる?」など、最近覚えたような言葉をやたらと使う

    「頭が弱そー」(10代女性)と、新語をむやみに使う男子は女子から敬遠されるようです。さらにはカタカナ用語を羅列すると、最早日本語での会話すら成り立たず、「日本から出て行け」と言われかねないので、流行に敏感なフリをするのはほどほどにしましょう。

  • 【4】「うちの実家は代々続く家で…」など、家柄の自慢ばかりをする

    「だから?」(20代女性)と、男子の自分の実力とは関係ない鼻高々話を、女子は「ダサい…」と軽く受け流すようです。品とは家柄などに関係なく、その人の人間性が自ずと言葉遣いや態度ににじみ出てくるもの。周りの評価をあげたいのなら、自慢より自分磨きに励むほうがよいでしょう。

  • 【5】人の奢りだと分かると「じゃあコレも」と、いつも以上に飲み食いする

    「人として下品」(30代女性)など、セコい男子は、女子から「最低」の烙印を押されそうです。「支払はこいつに任せてるから、気にしないで楽しんで。でも次は俺が出すから」という言い方をすれば、「きっぷの良い人」と全く逆の評価を得られるでしょう。

  • 【6】「昔は相当のワルであの頃は…」など、本当かどうか分からないような武勇伝を話す

    過去の自分に酔う男子に「で、今は?」(30代女性)と冷ややかな反応の女子もいるようです。過去の栄光にすがるだけでなく、「当時は血気盛んでね。でも、これからは…」と将来の夢も語れば、興味を持って話を聞いてもらえそうです。

  • 【7】ケンカしたときに「前にプレゼントしたものを返せ」と言う

    「器が小さっ」(20代女性)など、物やお金にこだわる男子に、女子は引いてしまうようです。ふだん良い人であればあるほど、その落差が大きなイメージダウンとなるので「あげたものは元々なかったもの」として忘れるのがよいでしょう。

  • 【8】通りすがりの女子に「あの子は30点」など、点数をつける

    「失礼過ぎる」(20代女性)と、女子をランク付けする男子におかんむりの女子もいるようです。外見に対する好みがあっても口にせず、「大切なのは中身」というポーズを貫けば、「あの人、わかってるぅ」と女子からの評判がうなぎ上りかもしれません。

  • 【9】誰から相談されても「自分の人生だから好きなことしなよ!」と同じエールを送る

    「ちゃんと話を聞いてないよね」(20代女性)と無責任な発言をする男子は、女子からその偽善者面を非難されそうです。相談者が男子であれば「具体的な解決策を示す」、女子であれば「話をひたすら聴く」を心がければ、「誰にでも思いやりのある人」と頼りにされそうです。

ほかにも「この男子って底が浅っ」と思った瞬間があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock