好きでもない男性と女性がデートをするときの「ホントのところ」9パターン


お互い好意があるからこそデートをOKしてくれたと思いきや、その後、まったく進展がない状況に陥ったことはありませんか? じつはとくに気になる相手ではない人とデートをする女性は意外に多いようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「好きでもない男性と女性がデートをするときの『ホントのところ』」をご紹介いたします。

  • 【1】行きたい場所や全部おごりなど、デートプランが魅力的だったから

    「ちょうど行ってみたいレストランだった」(30代女性)など、自分にメリットがあると女性はOKするようです。どうしてもデートしたい相手には「好きなこと全部やっていいよ!」などと男気をアピールすると、そのお姫様扱いに喜んでくれるかもしれません。

  • 【2】みんな彼氏と過ごしていて遊んでくれる友達がいなかったから

    「自分だけノープランが嫌だったから」(20代女性)など一人きりの寂しさを紛らわすために承諾することもあるようです。「二人だと楽しいね」など、二人で過ごせた嬉しさを伝えると、そのストレートな思いに心を打たれる女性もいるかもしれません。

  • 【3】断っても何度も何度も誘われて、罪悪感があったから

    「大切な友だちで、気まずくなりたくない」(10代女性)など、相手との関係を壊したくないがゆえの決断のようです。何度か断られている相手には「気を遣わせていたらごめんね」など気遣いを見せると、その優しさに好印象を抱くかもしれません。

  • 【4】職場の先輩の誘いを断るのは失礼だから

    「毎日職場で顔を合わせないといけないから」(20代女性)など、仕事の関係上、断れない場合もあるようです。そのつもりがなくてもパワーハラスメントと受け取られてしまうこともあるので、一度でも断られたら、慎重になったほうがよさそうです。

  • 【5】ヒマだったし、もしかしたら恋愛に発展するかもしれない期待があったから

    「好きな人もいなかったし、恋愛活動のひとつとして」(20代女性)など、相手を知るためにデートするケースです。「自分アピールの場」と捉えて、思いっきり盛り上げてあげると、次回のデートは女性から誘ってくれるかもしれません。

  • 【6】「イベントのチケットが余ってしまった」と相手が困っていたから

    「人気のライブだし、ムダにするのはもったいなかったから」(10代女性)など、イベントへの関心と人助け感覚で行くパターンです。「○○ちゃん、このバンド好きだよね?」など、「アナタだけを誘った」という特別感を伝えると、女性のテンションが上がるかもしれません。

  • 【7】大勢で集まる会だと思って行ったら二人きりだったから

    「行ってみるとお店に一人だけでびっくりした」(20代女性)など、思いもよらない状況にやむを得ず付き合うケースです。とはいえ、突然大きな花束がでてくるなど、ロマンチックなサプライズをすると、その大人な演出に心を奪われる女性は多いかもしれません。

  • 【8】彼氏に振られたばっかりで寂しかったから

    「とにかく誰かと一緒にいたかった」(10代女性)など、失恋の寂しさを埋めるために受けるパターンです。「元彼の代わりかよ…」とイジけるより、「傷心のときこそ絶好のチャンス!」と捉えて心の支えになると、その優しさに女性はときめくかもしれません。

  • 【9】「この日空けておいてね!」と強引に予定を決められたから

    「電話を受けたらすでに家の前に迎えに来ていた」(20代女性)など、強引な誘いに行かざるを得なかったケースです。一方的な誘いは女性にとって負担かもしれないので、「絶対楽しませるから!」などと誠意を見せるとノリ気になってくれるかもしれません。

そのほか「好きでもない男性と女性がデートをするときの『ホントのところ』」には、どんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(富岡 由郁子)
Photo:All images by iStock