女性にOKしてもらえる確率がグッと上がる「デートの誘い文句」9パターン


意中の相手との距離を縮めるには、積極的にデートに誘うのが重要。そんなとき、女性に断られにくい誘いの仕方が存在するようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「女性にOKしてもらえる確率がグッと上がる『デートの誘い文句』」を紹介します。

  • 【1】「チケット2枚あるんだけど…」と、映画やコンサートに誘う

    「断ったらもったいないし、必然的に行くしかないと感じる」(20代女性)と、チケットを手に入れた状態で声をかけるベタな誘い方は、高確率で女性がOKしやすいようです。女性の好みに合ったジャンルのものを選べるよう、事前にリサーチしておきましょう。

  • 【2】「このお店予約しといたから」と、強引に予定を空けさせる

    「行く前提で話が進められていると、断る隙すらない」(20代女性)と、一見荒々しい誘い方でも、押しに弱いタイプの女性なら意外と受け入れてくれるようです。「◯日の△時に迎えに行くから」など、待ち合わせの段階から強引に自分のペースに持ち込むのもアリかもしれません。

  • 【3】「お願い! 1回でいいからデートして」と、直球で頼む

    「ストレートに言われたら誠意が伝わってくるし、1回くらいいいかなと思う」(10代女性)と、あえて下手に出て相手の情に働きかける作戦も有効のようです。ただし、次回以降も同じ誘い方をすると、しつこい人と思われてしまう可能性もあるでしょう。

  • 【4】「やっと休みが取れたからどこか遊びにいかない?」と、忙しさをアピールする

    「貴重な休みを自分のために使おうとしてくれるのなら、悪い気はしない」(30代女性)と、常に多忙な人がわざわざ誘ってくれることで、嬉しさを感じる女性もいるようです。「来月、連休取れそうなんだよね」と、前もって知らせておくのもいいかもしれません。

  • 【5】「友達の誕生日プレゼント選び、手伝ってほしいんだよね」と、何か口実をつける

    「デートだと意識すると気が引けるけど、『そういうことなら…』と思いやすい」(20代女性)と、異性を感じさせない態度で誘われると、フットワークが軽くなる女性もいるようです。母の日のプレゼント選びなども、女性を誘うにはうってつけの口実になりそうです。

  • 【6】「◯日と◯日だったら、どっちが空いてる?」と選択肢を絞る

    「2択にされたら、予定がない限り両方は断りづらい」(30代女性)と、人のいい女性ほど、どちらかはOKしてあげなければという気持ちになりやすいようです。「遊園地と水族館、どっちがいい?」など、デート場所の選択肢を挙げても応用できそうです。

  • 【7】「この間のお礼したいから、今度おごらせてよ」と、ギブアンドテイクを装う

    「相手の厚意だし、お礼なら断る理由がないので…」(20代女性)と、律儀にお返しをしてくれることに対し、怪しい気持ちを抱く女性は少ないようです。合格祝いや昇進祝いなど、何かの節目のときに誘い出すのが自然かもしれません。

  • 【8】「ちょっと聞いてほしいことがあって」と、相談ごとを持ちかける

    「悩みだったら邪険にはできない。『自分で力になれるのなら』と思う」(20代女性)と、男性が自分を頼りにしてくれているのだから断れないという女性も多いようです。「ゆっくり話したいから、食事でも」という流れにもっていけば、スムーズでしょう。

  • 【9】「1年待ちのフレンチが、予約取れたんだよ!」と貴重な機会を提供する

    「行ってみたいし、断ったら次はないかもしれないから」(20代女性)と、滅多にないラッキーなお誘いに、興味を抱く女性もいるようです。以前から話題に出ていたお店なら、「そういえば◯◯に行きたいって言ってたよね?」と前置きするとより効果的でしょう。

ほかに、「女性にOKしてもらえる確率がグッと上がる『デートの誘い文句』」にはどのようなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock