女子をイライラさせてしまう「告白後のリアクション」9パターン


愛の告白には、非常に勇気がいるもの。それなのに、勇気を振り絞って告白した女性をガッカリさせる態度をとってしまう男性もいるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「女子をイライラさせてしまう『告白後のリアクション』」をご紹介します。

  • 【1】「本当にー?」などとふざけて話を茶化す

    「こっちは本気なのに…言って損した」(20代女性)など、最悪な形で女性をガッカリさせてしまうケースです。照れ隠しなのかもしれませんが、真剣に告白した女性の目には不真面目にしか見えません。誠実な態度で受け答えをしましょう。

  • 【2】「ありがとう」と応えるだけで自分の気持ちを言わない

    「それじゃ答えになってないでしょ!」(10代女性)など、女性が望むセリフを理解していないケースです。「好き」と告白した女性は、「僕も好きだから付き合おう」というセリフを期待しています。「ありがとう」だけでは言葉足らずだと覚えておきましょう。

  • 【3】何も言わずに黙りこんでしまう

    「何かリアクションしてよ!」(20代女性)と、女性を困惑させてしまうケースです。もちろん、少し考えたい場合もありますが、黙りこむのは相手に失礼です。まずは「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてから、身の振り方を考えましょう。

  • 【4】「オレも好きだよ」と言うだけで、付き合うことは濁す

    「それってキープしたいってこと?」(20代女性)と、腹を立てる女性もいます。せっかく女性が勇気を出して告白したのに、好意だけを受け取ろうとするのは不誠実と言わざるをえないでしょう。今後ふたりの関係をどうしていくのかは、告白された側が提案するものだと心得ましょう。

  • 【5】面倒くさそうにしたり、ケータイをいじったりする

    「演技でもいいから重く受け止めてほしい」(20代女性)など、切実な訴えも届いています。意外な人物からの告白は正直面倒な場合もありますが、それを態度で表すのはご法度です。ナシだと思うなら、いっそ潔く「ごめん!」と言ったほうが好印象でしょう。

  • 【6】「考えさせて」と言ったあと、しばらく返事を保留にする

    「ダメならダメって早く言ってくれないと…」(10代女性)と、女性をもどかしい気持ちにさせるケースです。返事がもらえないことには、気持ちに踏ん切りがつかないのでしょう。考えたい場合は、「一晩考えさせて」など、保留期間を伝えると女性の心の負担が減るのではないでしょうか。

  • 【7】「どこが好きなの?」など上から目線で聞く

    「何様のつもり? 調子に乗らないでよ」(20代女性)と憤慨する女性もいます。自分のどこに好意を持ってくれたのか、気になるところではありますが、告白の直後に聞くのはちょっと配慮が足りません。そういう質問は付き合ってからにしましょう。

  • 【8】「どうしようかなー」と目の前でものすごく悩む

    「悩んでる姿は見たくないなぁ(苦笑)」(20代女性)など、告白を快く受け入れられない状況に落ち込む女性もいます。告白するときは誰でも、すぐに良い返事をもらいたいと思うものです。即決できないのなら、持ち帰って考えたほうがいいでしょう。

  • 【9】Twitterやブログに告白されたことを書きこむ

    「超恥ずかしい。そういうのって他人に言っていいこと!?」(20代女性)など、怒りを超えて、女性を仰天させてしまう珍行動と言えそうです。友達に相談するくらいは構いませんが、ブログやTwitterは不特定多数の他人が目にするもの。女性の真剣な気持ちを晒すようなことはやめましょう。

ほかにも「こんなリアクションで怒らせてしまった」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock