初対面の女性が「私のこと苦手なの?」とガッカリする態度9パターン


人見知りだったりあがり症の人にとって、初対面の人との会話は緊張するもの。とはいえ、最低限は社交的な態度をとらないと相手に不快な感情を抱かせてしまいます。今回は『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「初対面の女性が『私のこと苦手なの?』とガッカリする態度」を紹介します。

  • 【1】話をしている最中、目を合わせない

    「会話してるはずなのに全く目が合わないのは、嫌われてるからだと感じてしまう」(20代女性)と、多くの人が目線を合わせてくれないことに不信感を抱くようです。どうしても恥ずかしい場合は、「緊張していて…」と最初に打ち明けた方がいいかもしれません。

  • 【2】常に携帯をいじりながら会話をする

    「そもそも会話を楽しむ気がないんだなと思う」(30代女性)と、失礼な態度をとられて一気に心の距離を感じる女性もいるようです。急用のときなどは、せめて「メール一通だけ返してもいいですか?」などと相手に断りを入れるのがマナーかもしれません。

  • 【3】目が泳いでいるなど終始落ち着きがない

    「明らかに態度がうわの空。悲しくなる」(20代女性)と、おしゃべり中もそわそわした様子の男性とでは、いまいち会話も弾まないという意見が多いようです。なにか隠しているのかと勘違いされる恐れもあるので、余計なことを考えず会話に集中しましょう。

  • 【4】他の人とは楽しそうに話すのに、自分に対してはテンションが低い

    「自分にだけよそよそしくされて嫌な気持ちがした。私だって冗談とか言えるのに」(10代女性)と、人によって態度を変えられたことにショックを感じる女性もいるようです。好みのタイプがゆえにそっけない態度をとってしまう場合は、「キレイな人と話すの苦手で…」と宣言しておけば、悪印象を与えずに済みそうです。

  • 【5】質問に対する反応が、「うん」とか「ああ」とか一言で終わる

    「『何か怒らせるようなこと言ったっけな?』と不安になる」(20代女性)と、一問一答にも満たないような盛り上がらない会話に、気まずさを感じる女性も多いようです。色々と質問されるのが苦手な場合は、逆にこちらから女性に質問を投げかけるようにすれば聞き役に回れるでしょう。

  • 【6】しばらく話していても、敬語がくずれる気配が全くない

    「ぎこちないくらいに敬語を使われると、苦手意識を持たれてるなぁと感じる」(10代女性)と、お互いの距離がなかなか縮まらない様子に寂しさを感じる女性もいるようです。年齢差があるならまだしも、同い年の場合はくだけた話し方のほうが早く仲良くなれそうです。

  • 【7】挨拶をしても、軽くお辞儀するだけできちんとした返事をしない

    「挨拶くらい、愛想よくしてくれてもいいのに!」(20代女性)と、基本的なコミュニケーションすらとれないことにショックを受ける女性もいるようです。口下手な人でも、せめて笑顔を保つなど最低限の社交性は意識したほうがいいでしょう。

  • 【8】長話を、途中で切り上げようとする

    「ごめんなさい、もう話しかけませんから…」(20代女性)と、話を続けたがらない男性に心の壁を感じてしまう女性もいるようです。たくさん話してくれるのは仲良くなりたいからだと心得て、女性の話は最後まで聞いてあげましょう。

  • 【9】こっちが話しかけない限り、向こうからは話を振られない

    「『この人私に興味がないのね』と感じて、こちらも興味を失う」(30代女性)と、まるで自分の存在を無視されたかのような態度に傷つき、親しくなりたいという意思を失う女性もいるようです。趣味や出身地の話など、初対面の場合「お約束」な質問くらいはひととおり投げかけたほうがいいでしょう。

ほかに「初対面の女性が『私のこと苦手なの?』とガッカリする態度」には、どのようなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock