女の子に好かれるどころか「あんた何様?」と嫌われてしまう告白9パターン


情熱にほだされてお付き合いを決めることもあれば、逆に「二度と顔も見たくない!」と思うほど悪印象を持たれてしまう告白もあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に、「女の子に好かれるどころか『あんた何様?』と嫌われてしまう告白9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「結婚する気はないけど、いい?」とふたりの将来を考えていない一言を発する

    「ってことは遊び?」(20代女性)など、真剣味のない態度に女の子が不快感を示すパターンです。たとえ結婚願望が強くなくても、「まずは付き合って互いの良さを知りたい」というように、言いかたに配慮しましょう。

  • 【2】「友達や仕事を優先するから、なかなか会えないけど…」と萎える提案をしてくる

    「優先順位おかしいだろ!」(20代女性)など、まったく大切にしようとする気が感じられない一言に怒り心頭になるパターンです。これでは「会えない」のではなく「会わない」も同然。自分の時間を大切にしすぎる男は嫌われてしまうと覚えておきましょう。

  • 【3】「俺はおまえでもいいよ!」と上から目線で告白してくる

    「マジで何様のつもり?」(20代女性)など、立場をわきまえない告白に呆れられるパターンです。冗談であれば、明らかにそう分かるよう笑顔で口にしましょう。そしてそのあと、「さっきのは照れ隠しで、ここからが本番」というメリハリを付けた告白を展開してはいかがでしょうか。

  • 【4】「告白の返事は明日までにちょうだいね」と勝手にスケジュールを決めてくる

    「じっくり考えたいんじゃ!」(30代女性)など、男性のあまりに自分勝手な要求にイラッとくるパターンです。早く返事がほしくても、女の子を急かすのは逆効果。返事が遅いのはむしろ真剣に考えてくれている証だと思って悠然と構えましょう。

  • 【5】「元カノに似てるから付き合ってくれ」と失礼過ぎる理由で告白をしてくる

    「気になる相手だったのに、完全に興ざめした」(20代女性)など、恋心を瞬時に冷ます一言のようです。褒め言葉のつもりでも、元カノを引き合いに出すのはデリカシーがなさすぎます。せめて好みの芸能人に例えるくらいにとどめましょう。

  • 【6】「既婚者だけど、いいよね?」とリスクを負わせるようなことを言ってくる

    「いいわけないだろ!」(20代女性)など、グレーな付き合いを要求されて激怒するパターンです。不倫の提案は論外ですが、「俺、浮気症だけど怒んないでね」などの理不尽な告白は控えましょう。

  • 【7】「好きだけど、付き合うのは面倒だから、友達以上の関係でずっといない?」と煮え切らない提案をしてくる

    「こんなハッキリしない男はムリ」(20代女性)など、男らしくない態度に幻滅するパターンです。告白は「自由が制限されても一緒にいたい」という思いをぶつけて、初めて気持ちが伝わるもの。「恋人未満」でいたいなんて都合のいい思いは、いくら本心でも言うべきではないでしょう。

  • 【8】「昔、俺のこと好きだったんでしょ?」と自信たっぷりに聞いてくる

    「ナルシストは引く…」(20代女性)など、男性の勘違い発言にガッカリするパターンです。女の子に好意を抱かれていた過去を話すのであれば、「あんなに嬉しかったことはない…」と謙虚な姿勢を見せるようにしましょう。

  • 【9】「君と付き合うために、彼女と別れてきた」と重すぎる告白をしてくる

    「こんなの全然嬉しくない」(30代女性)など、男性の度が過ぎる言動に及び腰になるパターンです。女の子に「自分のせいで…」と思わせてしまっては、せっかくの努力も報われません。努力をアピールしたくなる気持ちをグッと堪え、恩着せがましくならないような告白に努めましょう。

このほかに「女の子に好かれるどころか『あんた何様?』と嫌われてしまう告白9パターン」はありますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock