会ったばかりの女性が「二人きりで飲んでもいいな」と思う男性の条件9パターン


異性とすぐに打ち解けるのは難しいものです。お酒を飲むとなると、さらにそのハードルは上がります。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「会ったばかりの女性が『二人きりで飲んでもいいな』と思う男性の条件」をご紹介します。

  • 【1】聞き上手で一緒にいて安心感があること

    「話していて気持ちいいと思えることが大事」(20代女性)など、最初に心地よい時間が過ごせると「お酒を飲みながらもう少しゆっくり話してみたい」と思われるようです。相槌をマメに打ち、女性が気分よく話せる聞き上手になりましょう。

  • 【2】ユーモアがあり、話が面白いこと

    「すごく笑わせてくれる人となら楽しくお酒が飲めそう」(20代女性)など、積極的に笑いをとることで「面白い人!」と評価が上がることもあるようです。ただし、「面白い」と「うるさい」は紙一重でもあります。女性が話のテンポに疲れていないか気を配りましょう。

  • 【3】純粋にお酒が好きそうであること

    「私もお酒好きだから、一緒に楽しめる相手は大歓迎」(20代女性)など、酒好きをアピールしておくと、同じく酒好きな女性にはウケがいいようです。ただし、あまり飲めない女性は「ついていけない」と引いてしまうので、ちょっとした賭けだと肝に命じましょう。

  • 【4】経験豊富な大人の男であること

    「大人なら無茶なこともしなさそう」(20代女性)など、ある程度実態をともなった年上の男性であると判断すれば、意外と簡単にOKを出す女性もいるようです。「大人として何か教えてくれるかもしれない」と期待するのでしょう。「大人枠」でOKが出たのであれば、女性の期待にこたえるようお店選びから頑張りましょう。

  • 【5】ミステリアスな魅力があること

    「お酒を飲んだらもう少し深く知り合えるかな?」(20代女性)など、自分について多くを語らない、謎の多い男性に惹かれる女性もいます。「もっと知りたい」という欲求をくすぐることができるかどうかがポイントになるようです。ただし、謎が多すぎると「危険!」と警戒されかねないので、バランスを大事にしましょう。

  • 【6】下心がなさそうであること

    「ガツガツした人はムリ。下心があるかどうかは一番気にする」(20代女性)など、女性はまず自分の身の安全を確保しようとするようです。あまり仲良くなる前に豊富な女性経験の話をすると余計な警戒をされてしまうので、控えたほうがいいでしょう。

  • 【7】誠実さがあり、いい男友達になれそうな気がすること

    「友達になれる異性は貴重!」(20代女性)など、友達になれそうな相手だと判断されると、女性のほうから「もっと仲良くなりたい」と思われるようです。「女性から恋愛相談を受ける」とアピールすると、男友達を求める女性からのウケはいいでしょう。

  • 【8】趣味が合い、話が弾みそうな予感があること

    「話すことがなくて白けるのが一番困る」(20代女性)など、よく知らない相手と飲みに行くのなら、せめて共通の話題がほしいと考える女性もいます。趣味や出身地、仕事など、早い段階でさりげなくプロフィールを確認すると、話の糸口が見つかるのではないでしょうか。

  • 【9】見た目が完全に自分の好みのタイプであること

    「まだ好きじゃないけど、これから好きになるかも(笑)」(20代女性)など、見た目が好みの異性に対してはガードが甘くなる女性は多いようです。どんな見た目が好まれるかはわかりませんが、常に全力で身奇麗にしておき、チャンスを逃さないようにしましょう。

ほかにも「こんなきっかけで会って間もない女性と飲むことになった」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock