「もっといい人がいるかも…」と女性が揺れる彼氏のふるまい9パターン


多くの女性は恋人以外の男性など目に入らないもの。しかし彼氏への不満が募れば、他の男性に目移りすることもあるようです。ではどんなとき、ほかの男性のことが気になり始めるのでしょうか。そこで、オトメスゴレン読者へのアンケートを参考に「「もっといい人がいるかも…」と女性が揺れる彼氏のふるまい9パターン」を紹介します。

  • 【1】趣味や友人を優先して、後回しにされ続けるとき

    「私と一緒にいたくないのかな…と寂しくなる」(20代女性)というように、自分の優先順位があまりにも低いとき、女性は交際自体に疑問を持つようです。趣味や友人の約束があるときは、理由をきちんと話し、必ず埋め合わせをするようにしましょう。

  • 【2】彼が付き合い始めより別人のように太って、やせる気がないとき

    「出会った頃は素敵だったのに…とイケメンに見とれてしまう」(30代女性)というように、彼が激太りしてしまうと恋心が薄れるケースもあるようです。彼女がいるからと安心しきらず、出会ったころの体型を維持する努力は忘れないようにしましょう。

  • 【3】「好き」とか「会いたい」と言われなくなったとき

    「もう好きじゃなくなったのかなぁ…と思う」(10代女性)というように、好意を言葉にしてもらえないと不安に感じる女性もいるようです。「いちいち言わなくてもわかるだろ」という姿勢では、女性の心が離れる危険性もあるので、たまには「好き」という気持ちを伝えるとよいでしょう。

  • 【4】誕生日を忘れられていたとき

    「同僚の男性が誕生日を祝ってくれたんで、冷たい彼氏より同僚のほうが素敵に思えた」(20代女性)など、誕生日を忘れられたことで愛情を疑う女性は多いようです。彼女の誕生日は携帯に登録して、アラームを鳴らすなど、忘れないための対策をしてはいかがでしょう。

  • 【5】相談をしても「自分で考えろ」と突き放されるとき

    「きちんと話を聞いてくれ、支えてくれる人に惹かれてしまう」(10代女性)というように、自分が弱っているときに彼氏に甘えられないと、ほかの男性へ頼りたくなる女性もいるようです。彼女が悩んでいるときは、相手の身になって悩みに同調したり、励ましたりするようにしましょう。

  • 【6】デートの誘いが彼の都合だけになったとき

    「突発的な誘いばかりだと、『都合のいい女』だと思われている気がして…」(20代女性)というように、彼女の都合を無視した自己中な誘いは、「扱いが低い」と女性が不安になるようです。突然誘っても「すでにほかの男性との先約でいっぱい」なんて事態を避けるためにも、打ち解けた関係でも油断せず前もってデートに誘ったほうがよさそうです。

  • 【7】「友だちと遊ぶな!」など束縛が激しすぎるとき

    「最初は『愛されてる』と思ったけど、ずっとはムリ」(20代女性)というように、束縛が楽しいのも付き合い始めだけという女性は多いようです。彼女を信頼することで、器の大きさをアピールしましょう。

  • 【8】「朝起こして」などすべてこちらに頼ってくるとき

    「お前のお母さんじゃない!」(30代女性)というように、モーニングコールや天気予報など小さなことまで彼女に頼っていると嫌気が差すケースもあるようです。料理、洗濯、掃除など、すべての家事を彼女任せにしないように注意しましょう。

  • 【9】イチャイチャしてくれなくなったとき

    「自分には魅力がないのかなぁと落ち込む」(20代女性)というように、彼がスキンシップをしてくれなくなると、「女性として見られていない」と傷つくようです。帰り際には必ずキスやハグをするなどふたりのルールを作ってしまうのもひとつの方法でしょう。

このほかに、女性が恋人以外の男性を気にし始めた理由を聞いたことはありますか? 皆さんのご意見お待ちしております。(高清愛子)
Photo:All images by iStock